アメリカが攻撃する52ヵ所の重要文化財の場所はどこ?イランの世界遺産がピンチ!

ニュースの疑問

イランがアメリカに報復攻撃をした場合、イランの文化に重要な場所52ヵ所を攻撃すると発表したそうです。

アメリカはどのような場所を攻撃していくのかがニュースの記事では具体的には紹介されていなかったので、調べてみました。

一体どんな場所を攻撃するのか?イランの文化に重要な場所とはどこなのか?みていきましょう

イランの文化に重要な場所

イランの文化に重要な場所を調べてみました。一体どんな場所で、文化に関わる重要な場所ってどこなんでしょうか?

特に今回の事件やイランを知らない方のためにポイントを説明しておきましょう。

  • アメリカはイランの指導者を殺害し、緊張が高まった
  • トランプ大統領は報復したらイランの文化に重要な場所52ヵ所を攻撃すると発表
  • イラン国内では大規模な追悼式典を開催して、司令官の死を悼んだ。
  • 52ヵ所の理由は昔人質に取られた52人の数字を意識して設定した

このような内容が流れています。イランの文化に関わる重要な場所とはどこなのかみてみましょう。

文化遺産

  • チョガ・ザンビール
  • ペルセポリス
  • エスファハーンのイマーム広場
  • タフテ・ソレイマーン
  • パサルガダエ
  • バムとその文化的景観
  • ソルターニーイェ
  • ベヒストゥン
  • イランのアルメニア人修道院建造物群
  • シューシュタルの歴史的水利施設
  • タブリーズの歴史的バザール施設
  • アルダビールのシャイフ・サフィーアッディーン廟の歴史的建造物
  • ペルシャ式庭園
  • ゴンバデ・カーブース
  • エスファハーンのマスジェデ・ジャーメ
  • ゴレスターン宮殿
  • シャフリ・ソフタ
  • スーサ
  • メイマンドの文化的景観
  • ペルシア式カナート
  • ヤズドの歴史都市
  • ファールス地方のサーサーン朝考古景観

イランはとてもいさんの多い国なんでしょうか、文化遺産だけでも22ヵ所あるそうです。全ての場所は歴史を感じさせる建物や、遺跡などがほとんどです。

これが攻撃されて見れなくなったとしたら悲しい事件ですよね。大きな戦争に発展するととても恐ろしそうです。

自然遺産

ちなみに自然遺産は2ヵ所ありました。

  • ルート砂漠
  • ヒルカニアの森林群

この2ヵ所が自然遺産だそうです。砂漠も自然遺産になるんですね、どのくらい暑いのか気になりますね。夜になると砂漠は寒くなってしまうそうです。場所は広すぎて何万ヘクタールという広大な場所のようです。あまり想像がつかないですよね。

自然遺産と文化遺産を合わせると、24ヵ所あるそうです。

まとめ

アメリカがテロに屈しない姿勢をとっていて、報復攻撃をすると52ヵ所を攻撃するぞ、ということらしいですね。

これがもし報復攻撃にあったら、どこまで戦争が広がってしまうのでしょうか?イランの重要な文化遺産を攻撃してしまってはイランの全国民を的に回すようなものだと思います。

まとめてみると

  • イランは軍の精鋭部隊の司令官が殺害されて緊張が高まっている
  • アメリカは報復したら52ヵ所の文化遺産に関わる場所を攻撃するとツイート
  • イランの文化遺産は24ヵ所

イランの報復が起こらないように願うばかりですが、アメリカも報復に対しての圧力が高めです。今後も様子をみておいた方が良さそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました