飛鳥2で火事?火災?原因はなぜ起きたのか?

ニュースの疑問

横浜市の山下ふ頭に停泊中の大型旅客船「飛鳥2」の最上部のデッキから黒煙が出てると通報があったということです。飛鳥2の火災の原因はなんだったのでしょうか?放火なのか?それとも他に原因があったのかなぜ火事は起きたのか調べてみました。

飛鳥2の火事?火災?の原因

まだ原因はわかっていないですが今現在鎮火はしたそうです。コロナの影響で乗客はいなかったようですが、なぜこんな時に出荷してしまったのでしょうか。

資材置き場から出火したということですが、太陽の光がなんらかの要因で光の集積が起こり資材を燃やしたのかもしれません。

過去には加山雄三さんの船が炎上したというニュースもあったようです。

加山雄三さんの船の大きさにびっくりしましたが、船の火災は昔から色々あったようですね。水の上なので油断しがちですが漏電したりすると火事になってしまいますよね。

意外に燃えるものなどがあったりするのかもしれませんし火事には注意が必要ですね。海上の船の上で火事が起こってしまうと命を落としかねません。

飛鳥2のスペック

引用/https://www.ytk.jp/cruise/ship/asuka2/index.html

飛鳥2のスペックについて簡単に解説していきます。

総トン数 50,142トン 全長 241m
全幅 29.6m 航海速力 最高21ノット
就航 2006年2月 乗客定員 872名
乗組員 約470名 客室数 436室(全室海側)
喫水 7.8m デッキ 9層

飛鳥2は日本を代表する豪華客船で横浜から函館までを往復するルートがあるようです。

料金

50万円から高いものだと3000万円くらいの世界旅行があるそうです。3000万円の豪華客船で世界クルーズは行ってみたいですね!こんな豪華なりょこう死ぬ前に一度は体験してみたいです。

火事の原因は何?

原因はまだわかっていませんが資材置き場から出荷したということですが、何か燃えやすいものや電気系統のものが漏電して火災に至ったのではないかと推測されます。

それか乗務員のタバコの不始末が原因になっている時もあります。でも今は時代的にもタバコを吸う人は少なくなっているのでタバコは考えにくいとしても、かげでこっそり吸う人がいて、その火が資材に移ってしまったということなのでしょうか。

今はコロナで乗客がいなくて良かったのかもしれませんが、もし運行中で火災が起きたとするとかなり怖いですよね。

ネットでの反応

ネット上では飛鳥2を心配する声もありますね。中には乗ったことがあるという人もいるようです。今後のニュースに注目したいですね!

最後に

今回は飛鳥2がなぜ火事をおこしてしまったのか?火災の原因はなんだったのかについて調べてみました。

まだ原因はわかっていないそうですが、今後わかると思いますので注目したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました