企業閉鎖でアメリカは今後どうなる?生活準備に必須の業種は何?

ニュースの疑問

アメリカで企業閉鎖命令が出されたそうですね。25日以降1ヶ月間の生活に必須な業種を以外は閉鎖されるようです。

この影響でアメリカは今後どうなるのか?生活準備に必須の業種は何があるのか?しらべてみました。

アメリカは今後どうなるのか?

アメリカは今後25日以降は1ヶ月間の企業閉鎖命令が出されていますんので、活動などは必要最小限、もしくは停止になるようですね。

そうなってしまうと街はどうなるのか?閑散としたゾンビが襲来した後のような街が残ってしまうのでしょうか。

生活には影響はどのように出てしまうのでしょうか?

株は下がるのか?

2019年から米中の貿易戦争で世界経済は失速しているとIMF(国際通貨基金)は述べているそうです。

今後もコロナがおさまらないようでしたら経済的にも大打撃をう受けるでしょうし、下がってきた経済がさらにコロナの影響で下がり続けてしまう。

日本でも観光産業は軒並み倒産していることからアメリカでも倒産してしまう企業が増えてくるのは明らかでしょう。過去のリーマンショックや大恐慌の株価は1年半は下がり続け、その後徐々に回復していったということもいわれています。

アメリカも日本も今後は経済に大打撃があるのは間違いないでしょう。

関連記事

東京新型コロナ増加の原因と理由!オリンピック延期と関係は?
東京で40人以上の感染者が出た新型コロナウィルスの理由と原因について調べてみました。オリンピック延期との関係はあるのか?オリンピック延期が決定したら急に増加した感染者。アメリカでも日本は健闘か隠蔽か話題になっています。真実はどこにあるのか?
大人の髄膜炎!年齢別の初期症状は新型コロナが原因か?
新型コロナ髄膜炎の原因と初期症状、それに年齢別の症状に分けて解説しています。大人の髄膜炎はとても恐ろしいので病院にいきましょう。それに髄膜炎はワクチンで予防する事が出来ます。
喉の痛みと寒気はコロナの症状?花粉症との違いをまとめてみた!
コロナウィルスにかかってしまったのか?喉の痛みや寒気がする!という時の花粉症との違いはなんなのか?調べてみました。コロナウィルスの初期症状はどのような症状があるのか?喉の痛みや寒気がする時はコロナの症状なのか?まとめたので参考にしてください。

生活に必須な業種とは?

アメリカで企業閉鎖命令がでてどうなるのかふあんな一面もありますが、生活に必須な業種はどのようなものがあるのか?一応調べてみました。

業種、種類などで検索するとこのように色々な業種がでてきました。

  • 農業,林業
  • 漁業
  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業

この中で一番生活に結びついている業種はどんなものがあるでしょうか。まず、ライフラインとして、食べ物を販売するスーパーなどは営業するでしょう。他には郵便や運輸業も動くでしょうし、電気、ガス、水道、なども必須の業種でしょう。

農林水産系はそこまで滞らなくやると思いますね。サービス系だと美容関係、それにエステなどは停止されるのではないかと思われます。

鉱業系などは必要な仕事以外は停止してしまうのでしょうか。業種でみてみるとどれも必須なようなので、必須じゃない業種を探す方が難しいですね。

結果、「今緊急ではないもの」は閉鎖されてしまうということが言えるのではないでしょうか。

まとめ

アメリカで企業閉鎖になった影響は計り知れませんが、どうなるのか?ニュースに注目していきたいところです。

企業閉鎖にならない生活に必須の業種は今の所ライフラインは滞らなそうですので、買い溜めなどもしなくても大丈夫だと思います。

餓死するほど食糧がないわけではないとおもいますので、落ち着いて行動するのが一番でしょう。

日本でも影響がでてくるのではないかと思われますが、今後東京が首都閉鎖になってしまうとなるとかなり混乱はさけられないと思います。

アメリカは今後どうなるのかまとめてみると

  • 25日以降必須の業種以外1ヶ月閉鎖になる
  • 必須の業種は具体的にはわからないが、ライフラインは動いている

このようなことがいえそうです。今後もアメリカの動向に注目していきたいと思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました