50代の引きこもりの原因はなぜ?親の接し方で変わる子供の性格

ニュースの疑問

50代の引きこもりが今増えているそう。そもそも引きこもりって何でなるの?どうやったら回解決できるの?と疑問に思いますよね。

そこで今日は引きこもりになってしまう人の原因を紹介していきたいと思います。原因を知って引きこもりとはなんなのかを知っておきたいですよね。

どんな定義なのか?なぜなってしまったのか?早速みていきましょう。

引きこもりのきっかけは?

そもそもなぜ引きこもるのか引きこもりは50代に多いのか?原因はなんなのか知りたいですよね。そこで、内閣府が調査したレポートを調べてみました。

一番多かった原因は「退職したから」ということが一番のきっかけのようです。退職して仕事をしなくてもいい状況があったらそれでもいいかもしれませんよね。僕だったら一日中釣りでもしていたいなと思います。

他には「職場に馴染めなかった」とか「就職活動がうまくいかなかった。」という人もいるようです。あと、病気やけがで家からあまり出なくなってしまった人たちもアンケートの結果に出ているようですね。

 

引きこもりの定義とは?

家で仕事が完結して、買い物も通販で済ませて特に用事がなく、家から出ることもなくなったら引きこもりになってしまうの?という疑問もありそうです。

実際インターネットで仕事をしている人もいるようですし、外に出なくてもよくなりそうです。じゃあ引きこもりの基準ってなんなの?ということで、引きこもりの定義もされていたので紹介していきます。

内閣府の引きこもりの調査の定義は簡単にいうと6ヶ月以上

  • 趣味の用事のときだけ外出する
  • 近所のコンビニなどには出かける
  • 自室からは出るが、家からは出ない
  • 自室からほとんど出ない

これに該当する人が引きこもりとして扱われているようです。他には病気でそうなってしまう人もいるようです。そういった人も対象になっていますね。

「ひきこもりになりたくなくても引きこもりになってしまった。」という例もあるようですので病気や怪我をしてしまうと心まで蝕んでしまいそうです。

人間関係でつまずいてしまうとなかなか立ち直れないこともありそうですね。職場や学校の人間関係は特に難しそうです。

成功する子失敗する子

ここで子供が引きこもってしまったら嫌だとか、そうならないためにはどうやって育てたらいいのか?ということも気になります。

ここで、カナダのジャーナリスト、ポール・タフさんが書いた本があります。幼少期から調査を続けた研究などが記載されていて、とても役に立つ一冊です。

僕も子供達には将来素敵な大人になってほしいと願いますが、子供達を成長させるためには結果的に「親の成長」が必要だということが言えそうです。
子供時代の勉強はその子の人生の後半でとても役に立ってくるそうです。それと子供時代に受けた逆境や親の暴力は、大人になると病気になるリスクがとても高くなってしまうということも科学で明らかになっています。
この中に50代が引きこもりになってしまう原因もありそうです。小さい頃の環境ってとても大事ですね。

まとめ

子育てはとても大変ですよね。世の中のお母さんたちには本当に頭が上がりません。子供たちを成長させてあげるには、小さいころから親との接触回数や、愛情のある言葉がけ、そういった小さいことも大人になった時に大きな子供の成長に繋がるそうです。

結果的に僕たちにできることは二人の親と子供が愛情深い関係を築くこと。これが子供の成長に大きく繋がりそうですね。

50代の引きこもりの原因をまとめると

  • 職場に馴染めなかった
  • 退職したから
  • 就職活動がうまくいかなかったから

こんなことが引きこもりの原因になりそうですね。退職したあと自分のやりたいことなどを決めておくと良さそうですね。でも今はなんでもインターネットで手に入る時代なので簡単に引きこもりになってしまいそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました