化石燃料に依存しない企業100!代わりの新燃料とは?

ニュースの疑問

最近のニュースで英中央銀行イングランド銀行(BOE)のカーニー総裁(54)国連特使に任命されたそうです。

なぜこのニュースが出てきたのか?どう言った事を意味するのか?色々調べてみました。今世界のトレンドは脱!化石燃料だそうです。今世界の温暖化対策では、化石燃料に依存する企業からの投資撤退(ダイベストメント)と言った流れになっていくそうです。

そして代わりの新燃料を使った企業に投資をして、地球温暖化を防いでいこうということが行われていきそうです。

そこで化石燃料に依存していない企業はどこなのか?化石燃料の代わりになる新燃料はどんなものなのか?調べてみました。

新たな新燃料

化石燃料に依存しない企業とはどんな企業なのか?代わりの新燃料になるものはどんなものがあるのか?まとめてみました。

新燃料の一覧

  • バイオエタノール
  • バイオディーゼル
  • メタンハイドレート
  • 水素燃料
  • 木炭ガス
  • 燃料電池

調べてみるとたくさんありますが、このようなものが新しい燃料に変わって使われていくのかもしれません。気候変動問題がこのような二酸化炭素が出ないものに切り替わっているのには、カーニー総裁の奥様がエコノミストという事も要因の一つと言えそうです。

エコノミストは経済に詳しい専門家と言ったところでしょうか。奥様が経済に詳しく、ご主人が国連の総裁になったのであれば、今後どのようなことに投資が行われるのか家でもしかしたら会議が行われているのかもしれませんね。

カーニー総裁の奥様「あなた、今後は化石燃料に代わるものに投資した方がいいわよ。」

カーニー総裁「そうだねハニー、それじゃあ化石燃料に依存する企業への投資を止めるように働きかけてみるよ」

なんて会話が家でされているのかもしれません。世界規模の投資が実は奥様の助言によって成り立っていても過言ではなさそう。

今後株を買うとしたら化石燃料に依存していない企業に投資するのがいいかもしれませんね。

化石燃料に依存しない企業

そこで化石燃料に依存しない企業を調べてみました。実はもう化石燃料に依存しない、100%再生エネルギーを目指す「RE100」という国際プロジェクトがあります。

これに加盟している企業は化石燃料に依存しない企業と言えるでしょう。ここの株を買っておけば来年1月以降は大丈夫そうです。

「RE100」に参加している企業の一覧WEBサイトはこちらから

日本の有名な大企業は大体参加しているので、このようなプロジェクトに参加していない企業は今後危なそうですね。いろんな動向があると思いますので来年1月以降は注意してみておくといいかもしれません。

まとめ

今回は化石燃料に依存しない企業と代わりになりそうな新燃料を調べてみました。いろんな新しい燃料ができてきて、今後は車も大きく変わっていきそうな予感ですね。

新しい技術や製品が開発されて、水素などが簡単に運べる時代がきたら水素自動車が普及するかもしれませんね。今はトヨタやホンダが水素自動車を出していますが、価格は700万以上と高額です。

しかも水素ステーションなどもあまり普及していないので、まだまだこれからのようですね。クリーンな環境を目指して自分たちができる事をしていきたいものです。

今回の記事をまとめてみると

  • 化石燃料に代わる新燃料は
    • バイオエタノール
    • バイオディーゼル
    • メタンハイドレート
    • 水素燃料
    • 木炭ガス
    • 燃料電池
  • 化石燃料に依存しない企業は「RE100」というプロジェクトに参加している

新燃料を使いこなす企業はまだまだこれから出てくると思うので、来年以降は経済界から目が離せないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました