フランスで1日に158頭のイノシシが大虐殺!狩猟の様子とは!

ニュースの疑問

フランス東部のアルデンヌ地方で1日に158頭のイノシシが大量に狩猟されるというニュースがありました。

フランスでは狩猟解禁期間中に300頭までなら狩猟してもいいという規制があるそうです。

フランスの82人のハンターたちは300頭以上行っていないから権利の範囲内だということです。これによって動物愛護団体方から非難されているそう。その光景は震えてしまうほどのものだったそうです。

一体なぜ大量のイノシシを捕獲する必要があったのか?画像や動画はあるのか?調べてみました。

なぜ158頭も大虐殺をしたのか?

アルデンヌの地元の取材を受けた参加したハンターの一人は震えるような光景だったと言ったそう、ハンター協会の会長も異例の数字だったとして「このようないき過ぎた行為は許されない」としているそうです。

狩の方法はフランスでは昔からの方法があるようで、イノシシを叩いて集めて捕獲したそうです。もしかしたら何かの集会でイノシシを狩ったのかもしれません。82人も集まるのならかなりの人数です。

フランスではイノシシが大量に増えており、農業の被害の75%がイノシシによるものだそうです。それだけ被害を受けているのなら、もしかしてハンターのなかに自分の畑が亜イノシシによって荒らされてしまった人もいるのかもしれません。

それで大量に大虐殺をしたのかもしれませんし、国の伝統にも根ざしていて自然にも有益だとしています。

捕獲したらどうするのか?

でも1日に158頭というとかなりの頭数ですそんな大量のイノシシをどうするのでしょうか?ジビエにでもして食べてしまうのか?フランスだから料理にするにはとても美味しく料理しそうです。

ワインに合った肉料理なんか作っていそうですね、ですが158頭というと82人のハンターで分けても1人2頭くらいはもらえそうな計算です。

2頭もイノシシをもらっても解体に困ってしまいそうです。1頭解体するだけでも結構苦労するようですので、158頭も解体すると他の生ゴミなどの問題も出てきそうですね。

ネットの反応

ネットではあまり見かけませんでしたが、フランスの料理は沢山載っていました。イノシシも今頃大量の肉となって食べられているのでしょうか。

まとめ

今回はフランスで起こったイノシシの158頭大量大虐殺について調べてみました狩猟したハンターは82人、イノシシを捕獲した数は158匹。

こんなに沢山どう料理するのか?疑問ですよね、ジビエにでもして食べるのか?。何にしても行き過ぎはよくありませんね。

今回の記事をまとめると

  • 昔ながらの叩いて追い詰める方法でイノシシを集めて大虐殺
  • 158頭ものイノシシをどうするのかはわかっていいない

イノシシを大虐殺した画像や動画はまだ出ていませんが、衝撃的な内容になりそうなのでもしかしたら載せられないかもしれませんね。

狩をするときはやりすぎに注意したいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました