美容師はなぜ会話の内容を覚えてる?沈黙で困ったときはこの話が効果的!

美容室あるある

美容室に何回か通っていると、前回話した内容を美容師が覚えてることってありますよね。自分のことを覚えててくれたんだ!ととても嬉しくなったりもするのではないでしょうか?

それといつも担当してくる美容師がいるけれど、なかなか美容師と話すのは苦手と言う人もいたりしますよね。

実は僕もその中の一人で、美容師でありながら人見知りと言う性格の持ち主です。あまり会話が得意では無いので、美容師で見習いになった時は本当に困りました。

先輩のアシスタントに入っても何を喋ったら良いのかわからない。「今日良い天気ですね!」なんて言って外見たら台風来てたとかよくある話です。

そんな僕でも会話が難しくなくできたのも、色々と失敗してきた経験があったからなんですが、アシスタントの時にこうすればよかったなと思うことと、お客様として美容室に行った時、こんな話をしたら良いとかもと言う内容にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

美容室では何を話したら良いのか?

会話が苦手だし、美容室に行っても何を話したら良いのかもわからない。なんて時もありますよね。

それは意外に美容師もそう思っていて、初めて担当させていただくお客様と会話をするときは、何を話して良いのか僕も一瞬わからなくなります。

美容師として致命的ですね(笑)たまにお客様が気を使って声をかけてくれたりすることもあります。でも自分の中ではそこまでお客様は気を使わなくても良いと思っています。

話たいのもあるのかもしれませんが、吉本興業の若手が漫才をする場所でもありませんし、明石家さんまさんが近くで質問してくるわけではありません。

もし明石家さんまさんが美容室にいたら、カットが進まなくて終始会話で終わってしまいそうですね。カットしている途中で雛壇芸人に話題を振るように話題を振られるかもしれません。

どちらかと言うと、タモリさんくらいの立ち位置が良いのかもしれませんね。少しゆっくりして落ち着いた言葉で「髪きった?」なんて質問美容師に投げかけても良いかもしれません(笑)

逆に美容師がタモリさんになって「髪きった?」と聞いてしまったら、「これから切るんじゃい!」と突っ込まれてしまいそうです。

美容師がタモリさんを演じるときは質問の内容に気をつけた方が良さそうですね。そんなテレビに出てくるタレントさんがいるわけでも、お笑い芸人がいるわけでも無いので緊張することもなさそうです。

ちなみに人はなぜ緊張するのかと言うと、失敗してはいけない!成功しなくちゃ!こうでなければならない!と言う時に緊張するそうです。

なので大衆の前でスピーチするときは「失敗しないように」とか、「噛まないように」とか言う緊張で体が硬くなってしまったり、心拍数が上がってきたり、唾液が出にくくなるようです。

美容室で沈黙してしまい、緊張してしまうとこのような反応が体に出てしまいます。そう言ったときの対処方法としては、今の状態をそのまま伝えると意外に緊張がほぐれる物です。

「今、美容室にきたんだけど美容師さんを前にすると緊張しちゃうよね〜」といった感じです。そんな簡単なことでも緊張がほぐれるので、実践してみることをお勧めいたします。

これは他に緊張してしまう場面で応用できます。スピーチやスタッフの前で喋るときなどにも使えるので、やってみてください。

なぜ美容師は会話を覚えてるのか?

美容師は顧客カルテと言うものを作っています。多分新規で初めて美容室に行った時に最初に書いた紙やタブレットに保存されています。

その中にお客様情報として前回の会話の内容を書いている場合があります。前回は映画の話をしていた、とか色々です。

意外にその情報が役に立って、会話をする時ガッチリお客様の心を掴むことができます。これは他のビジネスにも使えるスキルなので使ってみても良いかもしれません。

相手のことを覚えておくために書くタイミングは、「聞いたらすぐ」です。美容室だったらお客様のカウンセリングが終わったらすぐに始めるのが良いと思います。

前回の会話の内容を覚えてるのならとても嬉しいですよね。僕もお客様が行きたいと言っていたお店の事を覚えていて、そこに行った後その店の話をしたら、お客様が「覚えててくれてたのねー!」と、とてもびっくりしていました。

簡単でしかも相手の心をわしづかみできるのでかなり使えますよ。

特に話さなくても大丈夫

美容室で苦手意識がある人の勘違いとして、話さなければならないと言うこがあると思います。でも特にその必要はありません。かといって「今日の髪型はどうしますか?」と聴かれて、何も話さないと言うことではありません。

今日は髪の毛が伸びてきた、だから、少し切って染めたい、だけでも良いんです。有名な美容師ほど、お客様をたくさん担当していることもあるので、忙しそうにしています。なので、必要最低限のコミュニケーションで良いでしょう。

本を読みたい時は「本、読んでも良いかな?」と聞いてみたりしても良いかもしれません。「ダメです」と答える人はいないと思いますし、「今日は本を読みたいんだな」と察するだけです。

自然なタイミングで美容師に本を読みたいと伝えてみるのも良いかもしれませんね。

困ったときはこれ!

会話に困ったときは一体どんなことを話したら良いのでしょうか?会話に困った時の色々なスキルがありますが、ここでは一番簡単なことを話しておきます。

会話に困ったら、共通の話題をふれば良いのです。人は共通の話題で盛り上がれますよね。そして一番興味のあることは「自分」です。

なので会話に困ったら、相手の話をしたら良いのです。相手の一番興味のある自分、相手自身の話をすると効果的です。そこからなにか相手について話せないか考えてみる良いです。

そうは行っても相手の話ってどんな感じ?と思われる方もいるのではないでしょうか?

相手の話をするために何が一番良いのか?まとめてみると

  • 相手の行動や、考え方を褒める
  • 細かい容姿を褒める(ネイルやヘアスタイル)
  • 前回のことを話す(覚えている事)
  • 相手の好きな食べ物、事、趣味について話す

このくらいパッと出てくると良いかもしれませんね。コミュニケーションの最初の30秒の会話で「この人はどんな話し方かな?」と他愛もない話をする事で実はどのくらいの距離感を持って接したら良いのかな?と探っているのです。

なので、最初に少し話をしてみて、共通の話題や盛り上がれる話題があったら大丈夫そうですが、なくても相手の話をしたら良いのです。

なので会話をするときに沈黙になっても大丈夫。最初は簡単な話題を話し、沈黙になりそうだったら、相手の話をしてみる。そして、特に共通の話題がなかったら、「本見て良いですか?」で本を読む。

こんな感じで実践してみると、美容室に行った時も会話が得意でなくても大丈夫そうです。

まとめ

今回は美容師がなぜ前回の話を覚えてるのか?について書いてみました。前回のお客様の情報を覚えておくのは、絶対やっておくと指名も増えるし、なんと言ってもお客様との仲が深まります。

楽しい仕事をしたいのなら、仕事を楽しくするべきでそれは自分が簡単に実践できる事です。楽しい事ないかな〜?と思っているときは自分が楽しくなれば良いのです。

会話が続かないと言うときはもしかしたら相手の情報が少ないだけかもしれません。相手の情報を引き出し、それについて深めていくだけ。それだけで相手の心を掴むことができます。

恋愛でも使えるテクニックなので、モテたい!と言う方は使ってみるべきでしょう!

今回の内容をまとめてみると

  • 美容師が会話を覚えるためにカルテを活用していることもある
  • 会話が続かなくなったら相手の話をする
  • 相手の話を覚えておく
  • 細かいところを褒める

このくらいを会話で実践してみたら良いと思います。

美容室で会話が苦痛だとか、美容師だけどコミュ障だと言う方は是非やってみると効果が出るかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました