【最短】高卒で美容師免許を取り通信過程で美容師になる方法

美容師How to

高校生になって将来の事など決めなければいけない時期になってきますよね。

「まだやりたい事が決まっていない」「やりたい事が分からない」「美容師になるには高校生の時に出来ることは?」「美容師って大変なの?」「給料って安いの?高いの?」「オシャレそうだけど本当はどうなの?」なんて疑問が沢山出てきますよね。

そんなあなたに、高卒で通信教育で美容師免許をとり、美容学校で講師をした経験もある僕が、美容師になった今まで経験してきて感じて来たことに全部答えます。

直接美容師に会って話す機会なんて特にないですよね。ですので美容師になるには?なった後も書いていこうと思います!

まずはオープンキャンパスに行ってみよう!

ほとんどの専門学校ではオープンキャンパスをやっています。自分の行きたい美容学校を決めてまずは資料を請求してみましょう。

資料を請求する前にはwebで検索も大切です。全国に沢山美容学校はありますので、何を学校の方針としているのか?どんなコースがあるのか?何に力を入れているのかを把握しておくことはとても大切です!

まずはパンフレットを集めて情報を集めましょう。そうすることで各学校の良いところなどがわかります。

美容学校と言っても色々ある。

行ってみて多分こんな感想を抱くのではないでしょうか?「美容師って美容室で働く人だけじゃないんだ、、、」「総合科って何?」「ヘアメイク科?」何が何やら、、、と混乱してしまうかもしれませんがそんなに難しくはありません。基本的には自由な職業なので、美容技術は共通の事柄が多いです。

ですが、エステティシャンになるというと話は別です。表現は違いますが「エステ科」「エステティシャンコース」などと分かれていると思います。ネイリストになりたいのであればネイル検定などは自分が希望すれば取れます。美容のには沢山の科目があります。

  • カット
  • パーマ
  • カラー
  • ヘアアレンジ
  • メイク
  • ブライダル
  • ネイル
  • エステ
  • 着付

美容師になるには美容師免許が必須です。因みにアイリストも美容師免許必要ですので、アイリストになりたいという方も覚えておいて下さいね!

国家試験を受けるまでに必要な時間

昼間の普通課程で2年と1ヶ月で美容師免許を取ることができます。通信教育で3年です。他にも高専や、夜間などもありますが、自分の時は理容師か美容師か迷っていました。

親には美容師を多分やめるだろうと思われていたらしく、通信課程を親、先生、兄弟から進められてその道に進むことになりました。親には後からそんな事を聞かされて若干ショックを隠せませんでした。

そこで会う先輩達と仲良くなろう

美容師としてのスタートはもう学校の入り口に立った瞬間から始まっています。「先輩とのつながりでサロンを紹介してもらえる」という事もありますし、仕事に入ってから技術を教えてもらう先輩が学校からの知り合いだったらとても気持ち的にも楽ですし、なんでも聞けますよね。

もっと言えばその先輩が店を出した時に一緒に出店に誘ってくれるかもしれませんよね。そんな先輩に出会えるのもこのような機会を沢山持つ事が大切です。

結局は人と人の相性

通信教育でも昼間課程でもそうですし本当いつも思いますが、最後は人と人の性格の相性もあると思います。いろんな人と仕事をして来ましたが自己中な人とは仕事をしていても疲れますし、エネルギーを奪われるでけですね。

そういう方とは付き合わない、「苦手な人とは付き合わない」など自分の価値観をしっかり身につけておいた方がいいと思います。

「苦手な人とは付き合わない」という事ですが。克服して素敵な美容師になるには真剣に向き合う必要がありますね。ですが、かなりエネルギーを使います。若い時はそれも経験になるのでやって見ても良いかもしれませんね。経験値は大幅にたまりますよ。

特に美容師さんは個性的な人が多いですから人間関係は難しいです。

それとメンズの場合はかなり叩かれることがあります。僕も先輩のお手伝いをしていたらアシストをしている僕を横にして「男ってさぁ〜ほんとダメなやつ多いわよね〜」なんて言われることもしばしばありました。

せっかくアシスタントしているのにそんなこと言われるなんて・・・(涙)やっていられなくなることもありました。

働きながら免許を取れる通信教育は最短

え?だって昼間の課程に比べて1年遅いんでしょ?というツッコミもありますが、そうなんです、何が最短って、「美容室で働く」という点ではかなり最短になります。

昼間の課程は座学の他にも課外授業や、修学旅行、資格の検定、クリエイティブな大会への参加などがあります。

通信課程ではこのような内容は省かれていますので、国家資格を取る!と言うことに一直線なのです。

ですから普通課程では2年間でいろんな事をびっちりやる!通信課程は夏、冬の時期を使って3年間国家資格を取る練習をしながら、お店では営業中に必要な知識を詰め込む事ができる!と言う違いがあります。

昼間の普通課程では美容室に入るのは2年後、それから2〜3年アシスタントをしてお客様に入客していく。

通信課程では美容室で働きながら国家資格の練習をするので試験に合格した瞬間にすぐにお客様のヘアカットができるようになります。

トータルで考えると普通課程で美容師になった人は約4〜5年、通信課程で美容師になった人は3年でお客様への施術を担当する事ができます。

通信課程をやったとして、2年後同級生が入って来た時に、2年の「お客様を接客する技術」がリードしているので、普通課程を卒業してきた人が例えカットする技術を覚えたとしても営業中に必要な他のスキルの習得は普通課程に比べ2年ほど短縮できます。

普通課程では国家試験を取り、お客様を実際にカットするまでにこの2年の「お客様を接客する技術」は同じ新人と2年目のアシスタントでは努力次第で天と地の差ができてしまいます。

ここでは「努力次第で」と言うことを強調してお伝えしておきますね。

2年あれば指名のお客様がついてくれる

これも頑張り次第ですが2年間アシスタントをしていれば余程サボらない限り指名のお客様や仲の良いお客様がついて頂けるはずです。

2年間で同い年の同期に差をつけるのであれば指名のお客様をどんどん増やしましょう!楽しい会話をして気持ちの良いシャンプーができれば誰だって指名したくなるはずです 。

やる事は毎日送られてくる教科書を読み課題をやるだけ

通信教育で美容師になるには一番手間がかかるというか、大変なのが自宅での宿題です。自宅に美容学校の通信課程センターから教科書と記述式の課題が添付されてきます。

これは休みの日にやってしまえば問題ないのですが休みは仕事で動けなくなっているのでちょっと大変ですが、眠たい授業を何時間も受けるより自分で調べて課題をといたほうがよっぽど身につきますね。

教科書見ながらやって良いのでほぼ100点取れます。自信になります(笑)

実際の昼間の学校の雰囲気

昼間の学校では無駄な時間はかなりあります。15時頃には終了して残る人は居残って練習、その後バイト。

通信課程だと20時まで営業してそれから練習です。気が遠くなりますが営業でお客様と仲良くなって未来のお客様を作る時間があると考えると通信教育の方がより有利に美容師への道を進んでいく事ができます。

僕は実際に通信教育の授業を受けたのは夏休みのスクーリング&冬休みのスクーリングです。スクーリングの内容は1週間座学と実技で授業を受けること、僕の時にはもう美容師ブームが終わった後のほとぼりが冷めた後の世代でしたので、人数が少なく、10人程度の1クラスでした。

学校で仲良くなった友達とはずっと美容師として切磋琢磨できたり、有益な情報を交換できる友達なので、とても良い仲間に出会える機会です。是非いろんな人と繋がりを作っておくことをお勧めします。後から相談に乗ってくれたり、色々と情報を得られますからね!

僕はその後から逆の立場で教師として実際に昼間課程の授業を体験しましたが、比べてみるとやはり通信の方がやる気のある人には向いていると思いますよ。すぐに仕事に入れますし、仕事で大切な礼儀やマナーなども厳しく教わる事が出来ます。

素敵な美容師さんになるには色々な事を経験しなければなりませんね。

わからないことをそのままにしない

当たり前の事ですが、わからないことはそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。解決策が見つからなければ自分で調べてみる事。自分で調べて実践してみて失敗を繰り返して成功してやっと自分の「知恵」になって来ます。

例えば「お客様と何を話したらいいのかわからない」と言う問題に対してどう言う風に対処するでしょうか?

僕は昔お客様と何を話していいのかわからなかったので、本屋さんに行って会話術の本を買い、「一つずつ実行していく」と言う事がとても勉強になりました。

今では読んだ会話術の本が悪かったのか、「チャラ男」とお客様に表現されることもよくあります(笑)

ちなみに読んだ本は水野敬也さんの「ウケる技術」です。美容師の方には一読をお勧めいたします。

学費を知らない

1回だけ、生徒たちに授業料の話をしてみましたが、トータルでいくらかかっているのか知っている子は皆無でした。

大体の子達は親に出してもらっているのでしょうが、ちゃんとお母さん、お父さんに聞いてみた方が良いですよ。どんなに自分が恵まれた環境で学んでいるのかを思い知らされます。

実際に学費を知って「こんなにかかっているんだ」と知ることで真剣に授業に向き合う事もできますし、授業日数を学費で割って計算してみる事で1日あたりの学費の計算ができます。

美容学校にもよりますが約250万の学費だとして土日を抜かした平日の日数は、2018年の4月から2019年の3月31日まで平日が247日。

冬休み、夏休みを合わせてだいたい40日だとすると授業をしている日数は207日間。

250万を207日で割ると1日12077円。

どうですか?高いですか?安いですか?美容学校の先生方の知り合いのつてを辿って有名サロンに入るきっかけを作るのも1日12077円。

カットを教えてくれる先生にわからない事をメモしておいて全部質問して聞いてみるのも12077円。

だらだら過ごして授業中寝ていても、友達と彼女、彼氏の話をしていても12077円。

どうですか?高いですか?安いですか?

学費はどのくらいかかるのか?

昼間課程で200〜280万円が一般的です。通信課程で50〜80万円です。こちらに寮などの諸費用は別になって来ます。

実際に学校の授業の内容はどうなのか?

クリエイティブな内容を学びたいのであれば学校に通う方が良いかもしれません。どちらかと言うと通信課程では1週間位で詰め込んで授業をしますし、実技もそれほどやりません。

美容学生向けのコンテストや情報は学校に沢山ありますし、クリエイティブな事が好きな生徒は人数の多い普通課程の生徒さん達なら必ず1人はいると思いますし、卒業式でヘアショーをやる学校もあるので、クリエイティブな事も学びたい!と言う方には昼間課程での授業をした方が身になるでしょう。

美容師国家試験を受ける


時代に合わせて少しづつ変わってきていますね、僕の時はカットの実技試験はグラデーションボブでした。それでも難しかったですね、緊張しました。

筆記試験は簡単だったので前の日は詰め込まず寝てしまいましたね。前の日に徹夜で勉強を詰め込んで国家試験の日に寝坊してしまっては元も子もありませんから、毎日少しづつ勉強する事が大切です。

実技の課題

通信教育と昼間課程で美容師になるには国家試験は春と秋に2回やっています

第1課題:デザイン巻きのワインディング、オールウェーブセッティングの2つからの1つ

2010年夏の試験まではオールパーパス巻きのワインディング、オールウェーブセッティング、ローラーカールの中から1つだった

僕は運よく一番簡単だとされるローラーカールだったのでかなりラッキーでしたね。今はローラーカールが廃止になったのでワインディングかオールウェーブのどちらかしかありません。なので少し大変ですね。

第2課題:レイヤーカット

2010年夏の試験まではグラデーションボブだが、それ以降はレイヤーカットになった。ここは技術が変わっただけなので特に影響はないですね。

筆記試験

これは落ちる方が多いようですね、多分手を動かす事は楽しかったりするので割と合格しやすい傾向にありますが、筆記でつまづく方は多いと思います。

衛生管理とか美容理論とか文化的なものとかは覚える事が多いので難しいですよね。これも毎日の継続が大事なんじゃないでしょうか。美容師になるにはこの壁も突破しなければなりません。

自分の筆記試験の勉強法としては

  • 毎日1ページ筆記の課題をやる事。
  • 学校では試験対策のドリルなどあるので積極的にもらう。
  • ノートは授業ごとにとる(後で見てもわかりやすいように)
  • わからないところは先生に聞く&自分で調べてみる(わからないままにしない)

ただただ当たり前の事を手を抜かず毎日ちゃんとやる事が大切です。

働き始めてから思う事

やはり美容師さんはとても忙しいですし、相手はおしゃれな大人の女性ですし大変です。

素敵な美容師さんになるには身だしなみもちゃんとしなければなりませんし、白い服なんていくらあってもカラーがついて汚れてしまいますし、通信教育で資格をとると言う事は仕事と勉強のバランスを自分で取らないとならないですし、できなかったら試験に落ちてしまう。と言うとてもシンプルな事なのです。

ですが時間のない美容師にとっては勉強時間をとる事がとても難しいですし、飲み会の誘いや誘惑を我慢して美容師の資格を取ると言うことはとてもメンタルの成長に繋がります。

やることは沢山あります!

  • 営業
  • 顧客管理
  • DM書き
  • ミーティング
  • 講習会
  • 練習
  • 後輩の育成
  • 撮影

などなどやることは沢山あって忙しいですね!

素敵な美容師になるにはクレームは沢山もらった方がいい

通信教育とは少し話がそれますが、僕自身クレームは何度ももらいました、2回ぐらいお客様に怒鳴られた事もありますし、指名してくれていたのに突然指名を変えられたり。数えるとキリがありません。

その一つ一つに自分を成長させてくれる意味があるので、乗り越えていく事が大切です。

クレームはネガティブに捉えがちですが期待されているということの裏返し。本当はお客様は何を言いたかったのか?どうしたら満足してもらえたのか?クレームをもらったらよく考える事が大切ですね。

怒鳴られたお客様も「怒鳴っちゃったけど期待しているからなんだよね」って言ってくれたりします。お客様に成長させて頂いている事を実感した瞬間でした。

美容師にも道は色々ある。

いろんな美容師さんを見て来ましたが最近は働き方が沢山あるのでとても恵まれた時代だと思います。

  • 組織で働く
  • フリーランスになる
  • 委託のお店で働く
  • 組織の中で独立する
  • 独立して店を持つ

色々ありますが自分にあった働き方を選んでいく事が出来るので、自分の強みなどを生かした美容師さんになるには思い切って独立してみるのも手かも?

気になる給料は?

ここは環境によって違いますが、だいたいは

  • 組織だと売り上げの30%
  • 委託、面貸しサロンで50%〜
  • 有名美容師になれれば年収で1000万以上

自分の努力次第で収入を伸ばせる夢のある職業です。僕が働いていた時は通信教育でインターンとして働くと、バイト扱いの12万円ほどでした。

個人でやるメリットと組織でやるメリット、色々あると思いますがよくよく考えてどの道に進みたいか決めておくと良いと思います

まとめ

いかがでしたでしょうか?通信教育で美容師になるには色々な苦労もありますがそれ以上にやりがいの方が大きいですね。

  • オープンキャンパスに行く&学校を選ぶ
  • 人脈を作る
  • 通信教育の学校に入学する
  • 毎日通信の課題をやる
  • 指名のお客様を一人でも多く増やす
  • わからない事はなくすようにする
  • 美容師国家試験を受ける
  • お店でただただひたすらに練習に明け暮れる

こんな事が大事になってくるのかなと思いますが、大切なのは美容師になって絶対成功するぞ!という熱い気持ちです。その気持ちがない限りは続きませんし、中途半端だと人のせいや環境のせいにしがちです。

一番は自分自信との向き合い方です、本当にやりたいのか?やりたくないのか?辛くてやめようと思った時も最後に必要なのはこの「美容師になって絶対成功するぞ」という熱い気持ちに向きあって、毎日練習に取り組む事です。

友達がSNSで「ドライブ行ってきた〜」なんて投稿よりも、「仕事でNYなう」の方がかっこいいですよね。どうしても若いうちは他人と比べてしまいがちですが自分は自分、他人は他人と割り切って考える事。自分と他人を比べない事が重要です。

自分には兄貴がいますが、よく言われたのは「友達が良い車乗って羨ましく思うけど、それは最初だけだから、後からもっと良い車乗れるから安心しろよ」って言われたことがあり、とても励みになりました。

実際、カットが上手になってくるとお客様から「カットが上手ですね」とか、「カットが半年たっても持ちがいいの」などと言われる事があります。そういう時こそ美容師としてとてもやりがいを感じますし、もっとうまくなろう!って思いますね。

美容師は大変だ大変だと言われますが、僕はこれ以上面白い職業はないんじゃないかと思っています。

是非美容師になりたい方は僕に声かけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました