インターネット税とは何?金額はいくら?いつから始まるの?始まる理由はなぜ?

ニュースの疑問

インターネット税というものが政府で検討されているようですが、一体インターネット税とは何?金額はいくらなの?いつから始まるのか?始まる理由はなぜなのか?調べて見ました。

これ以上税金を取られるなら海外に逃亡した方が良さそうな気もしますが、一体どんな税金なのか?なぜ始まるのか?理由なども調べて見ましたので見ていきましょう。

インターネット税とは何?

調べてみるとインターネット税とは光回線を使っている人たちの金額に上乗せして払うような形になる税金のことのようです。インターネット税に限らず、今まではパチンコ税や自然保護税などの税金が検討されていたようです。

今に始まったわけではなく、色々なものが検討されては消えしている中でインターネット税が取り上げられているようですね。他には携帯電話税なども検討されていたようです。

携帯電話勢を検討している理由は近年の携帯電話を使った犯罪を未然に防ぐという名目で作られることが検討されていました。2014年には見送られたそうですが、今後もそのような税金が検討されてしまうことも懸念されます。

インターネット税とは今後の未来を考えた対策なのだそうです。

インターネット税はいつから始まるのか?

インターネット税は2020年代半ばから開始が検討されているようです。もう少し先の話のようですが、決まったらその期間から開始されてしまうので、今後の動向を見ておく必要がありそうですね。

多分最初は小額なのかもしれませんが、徐々にいくらか値段を引き上げていきそうな予感はします。最初は何百円から始まり、最終的には1000円近く税金を治めることになりそうですね。

実際にアメリカではこの税金が導入されていて、この資金を受け取る会社は高速インターネットの提供を義務付けているそうです。他にもイギリスやカナダでも導入されていますが、ハンガリーでは大規模なデモが起こり廃止となっているそうです。

なんで始まるのか?理由はなぜ?

では一体なぜこのような税金を徴収されなければいけないのか?調べてみると5Gという高速インターネットを普及することや、インターネットの整備を今後進めていくために導入されるようです。

税金が徴収されても、高速インターネットがどこでも使えるようになるのであれば、それはそれでいいのかもしれませんね。今までのように光回線を家に引く必要もなくなってきそうです。

今でも古い回線を使っているカフェなど、インターネットが遅くて話になりません。家に引く光回線も昔はサクサクしていましたが、今はそこまでサクサク動かない印象ですね。サクサク動かないとイライラしますよね。

こんな問題を税金で解決してくれるならいいかもしれませんが改善されるには結構時間がかかりそうですね。それまで待っていられません!

まとめ

今回はインターネット税について調べて書いて見ました。なぜインターネット税が導入されるのか?金額はいくらなのか?いつから始まるのか?なんで?理由はどうしてなのか?インターネット税とは何なのか?調べて見ました。

インターネットは日常生活に欠かせないものになっていますので、今後インターネット税は家計を圧迫してきそうですね。まだ高くなるならどうやって通信費を抑えたらいいのか?調べてみることもおすすめします。

まとめてみると

  • インターネット税は2020年半ばくらいから始まる
  • 金額は1000円前後?
  • 理由はインターネットを普及させるため
  • インターネット税とは5Gに備えた国の対策

以上のことが言えそうですね。インターネットが使える環境が少しでも改善してくれることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました