お茶の水女子大学附属中学校の体罰教師名前は?同校で起きた殺人未遂事件とは?

お茶の水女子大学附属中学校で教師が体罰を行い、生徒があばら骨を骨折するという事件がおきました。

教師は自宅謹中で関係者によると、教諭は9月中旬の放課後、校内で男子生徒を足で蹴った。学校は同月下旬に大塚署に相談した後、臨時保護者会で経緯を説明した。生徒は既に回復しているという。

教師の名前は?

教師の名前は調べてみましたが、出てきませんでした、顔写真などもまだネット上には出てきておりません。

随時情報が出てきたら紹介していきたいと思います。

秋篠宮親王悠二様の事件とは

秋篠宮親王悠二様の机の上に包丁2本が置かれていた事件がありました。同校で防犯カメラのコードを切るなどの計画的な犯行をしていた模様で、容疑者の長谷川薫容疑者(56才)は、警察の調べに対し『悠仁さまを刺すつもりだった』という趣旨のことを供述したそうです。

学校は警備などがあまり厳しく無いと事件も起こりやすいのかもしれませんね。今は保育園も施錠するようになっていますが、学校も施錠しないといけないようになるのかもしれませんね。

まとめ

今回のニュースをまとめると教師は何か気に食わない事があって生徒に暴力を働いたのかもしれません。でも肋骨を骨折するほどの蹴りというのもかなり恐ろしい話ですね。

もしかしたら格闘技でもやっていたのかもしれません。前蹴りだったのかどうかはわかりませんが、肋骨はかなり折れやすいので気をつけた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました