温度上昇で汚染指数が999越えのインド!空が曇って飛行機が欠航?

ニュースの疑問

インドの首都デリーで大気汚染が悲惨な状況になっているようです。汚染指数999を超える大気の状態とはなんなのか?なぜそうなってしまったのか、原因を調べてみました。

温度上昇で大気汚染になってしまうのはどんな理由なのか?そこには意外な秘密が隠されていたのです。

大気汚染の原因はなんなのか、汚染指数とは一体どう言ったことなのかを調べてみましたので、参考にしてみてください。

飛行機も到着予定地を変更していたり、欠航が出ているようです。そこまで視界が悪いインドの温度上昇とは?自分たちはどんなことができるのかも考えてみましょう。

ロイター通信より引用

大気汚染の原因は?

一体なぜ大気汚染が起こっているのでしょうか?色々としらべてみたのですが、どうやら主な原因は石炭工場が原因になっているようです。

他にも交通量の多さや土が剥き出しの舗装されていない道路のホコリなどが原因のようです。あと10月の後半にはインドで「ディワーリー」という日本で言うお正月のお祭りが開催されているようです。

ディワーリーは1週間ほど続いて、その間にお買い物をすると縁起が良いとされています。車や大きい家具などの耐久品を買うことが多いそう。その中で大量の爆竹や花火を打ち上げるようですね。

花火の煙、あとは農家の焼畑も重なって大気汚染が深刻になっているそう。大気汚染の影響でタージマハルも黄色くなってしまうほどのようです。

汚染指数って何?

大気質指数や大気汚染指数、空気質指数と言う色々な指数があるようですが、アメリカ環境保護庁(EPA)が定めた大気の汚染度合を示す指標のようです。これは空気質指数と呼ばれていてAir Quality Indexと呼ばれていてAQIと略されるようです。

このAQIの計測方法は調べても出てきませんでしたが、公開はされているようです。このAQIの指数が高ければ高いほど人体に影響の出る危険な大気の状況になるようです。

AQIの指標は以下の通り

AQI値の範囲 状態 内容 シンボルカラー
0~50 Good 良好 Green
51~100 Moderate 許容範囲 Yellow
101~150 Unhealthy for Sensitive Groups 敏感な人は健康に影響が出る可能性がある。 Orange
151~200 Unhealthy 有害 Red
201~300 Very Unhealthy とても有害 Purple
301~500 Hazardous 危険。緊急事態の警告。 Maroon

インドでは900という深刻な状況になっているようです。ひどい時は学校も閉鎖すると言います。医療用のマスクが必須になっているようなのでインドにいくときはマスクを持っていった方がいいかもしれません。

マスクはNー95微粒子用マスクと呼ばれるものを使うと良いそうです。毎年インドでは大気汚染が原因で肺ガンで死亡する人が多数いるそう、もし家族がそうなってしまったらと考えるととても深刻な状況ですね。

飛行機も大気汚染で視界が不良になり、欠航や航路の変更をしているようです。視界が何100メートルしかないと言った状況なので他の交通機関にも影響が出ていそうです。

温度上昇すると大気汚染になってしまう原因

さらにインドの首都では人口の増加や都市部のヒートアイランド現象によって温度上昇により、光化学オキシダント(光化学スモッグの原因物質)の発生が促進されます。これによって大気中がより汚染され、さらに色々な原因が積み重なって深刻な息汚染になっているようです。

逆に冬は大丈夫なのかというとそうでもなく、地表が冷たくなって上空に暖かい空気の層ができることにより、地表面の空気が淀んでしまうダストドーム現象が起こるそうです。

冬でも夏でも空気が汚いとダメなようですね。あと、インドの11月は風があまりない季節のようです。風がないと汚染された空気はそこに留まり、さらに大気汚染を悪化させています。

今はこんなサイトがあるので世界に旅行に言った時はこのサイトを使って大気汚染の状況を確認してみてもいいと思います。

僕が昔いた苫小牧という街は工場が町から近いので光化学スモッグ注意報電光掲示板といったものが置かれていました。光化学スモッグと聞くとなんだか恐ろしく感じてしまいますね。

インドの飛行機が欠航

この大気汚染によってインドにいく飛行機が欠航しているそうです。欠航にならなくても他の地域に着陸したり、航路を変更しているところもあるようです。

インドで旅行されている方は注意した方が良さそう。インドに旅行に行ったけど大気汚染で帰って来れなくなったとなると仕事にも影響してしまいそうですね。

早めに帰るか他の航路で帰るなどの対策をしておくと良さそうです

まとめ

インドの大気汚染の正体は色々な要因が重なり合ってできてしまったようですね。インドでは今でも大気汚染で苦しんでいる人がたくさんいるようです。

クリケットの選手も試合中に吐いてしまうなど大気汚染は常態化している模様です。2〜3日でこの霧の状態がよくならないようです。

早く良くなって欲しいものですね。今回のインドの大気汚染がなぜ起こっているのか?まとめておくと

  • 石炭工場の排煙
  • 土が剥き出しになった道路のホコリ
  • インドのお祭りディワーリーの花火
  • 温度上昇による光化学スモッグの原因になる物質が発生
  • 汚染指数は900!
  • 飛行機も欠航や航路の変更をしている

このような要因からインドでは大気汚染が深刻な状況になっているようです。旅行にいく方はマスクなどの対策もしておいた方が良さそうですね。

自分たちがこの大気汚染にならないようにするために出来ることは、少しづつモノの量を減らしたり、必要以上にものを持たないようにすることや、「足るを知る」ことで少しはマシな世界になるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました