美容師必見!あなたの売上がアップしない原因とは?

美容師How to

美容師の一番の問題、「売り上げ」が上がらないという事は美容師である方は1度は直面した事があると思います。簡単に売り上げが上がってくれたらどんなに嬉しい事か!どんなに努力しても売り上げがアップしない毎日に嫌気がさしてきませんか?

ネットで調べても出てこないし、みたけどよくわからん!そんなあなたに美容師として売り上げをあげるいくつかのポイントを紹介します。

知るだけでは意味がありませんので見て、実践して、明日からガンガン売り上げをあげちゃいましょう!

売上げが増えない理由

まずはどうやったら売り上げをあげるかという事だけにとらわれず、なぜ売り上げが上がらないのか?原因を探ることも重要です。美容師の売り上げをアップさせる上で上がらない原因をまとめてみました。

サロンワークの中でお客様をお待たせしてしまっている

お客様目線で言うと、「なぜ、私は今待たされているのか?」と言う事がお客様がわからないと「いつまで待たせるの?」と言う感情になってしまいます。

お客様の待ち時間がながいことにより他のお店に行ってしまうということにつながります。

お待たせしない事が基本ですが、どうしてもお待たせしなければならない状況であれば、ちゃんと理由を伝えてお待ち頂くようにしましょう。

無駄な工程(動作)がある

無駄な動作は個人で解決できる問題です。例えばコーミングの回数が多いなどの問題。それに同じところを何度も切ってしまうというところ。これは練習で直すことができるので一回で切る練習をしましょう。

作業時間が長い(工程の作業時間が決まっていない)

カットは10分、カラー塗布は15分など基本的な技術の時間が決まっていないとサポートをするアシスタントもいいアシストが出来ません。こちらもレッスン次第で上達できる範囲ですのでちゃんと出来るようにしていきましょう。

あげるとキリがありませんが、まず共通して出てくるものとして上記のようなものが多いと思います。大切なのは作業時間の無駄を徹底的に無くしていく事が大切です。まずはこの部分を改善する事でも10万〜20万はアップできるでしょう。

売上の方程式を知らない

簡単に説明すると売り上げの方程式は

年間の売り上げ=客数×サイクル×単価

まずは客数が100名いたとします、そして来店周期が1年で6回、単価が¥5000だとすると年間の売り上げは300万。毎月の売り上げに置き換えると25万円になります。

デビューしたばかりで売り上げが30万に届かないという方はまず、客数が必要になってきますよね。30万に届かせるにはカルテ枚数でいうと120名のお客様が必要だとわかります。単価が1万円だと半分の客数の60名で毎月25万円になります。計算は簡単ですね!

売り上げの方程式を知るとどのくらい客数が必要なのかわかるので、便利ですよね。月80万円の売り上げをあげるにはどのくらいお客様が必要なのか知ることができます。

まとめ

どうでしたか?あなたの売り上げが上がらない原因をまとめてみました。意外にやってしまっている作業などもあるので一度見直してみると良いかもしれませんね。

それに自分のカットしている姿をビデオで撮影すると言う方法もあります。客観的にみてみるといろんな発見があって面白いですよ。

売り上げがアップしなくて困っている美容師さんは参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました