札幌でクリスマスツリーがゴミになった時の出し方とツリーのレンタル方法

片付けの極意

クリスマスツリーを出そうとしたら去年のが古くなっていて、もうそろそろ買い換えようかなという時ってありますよね。

でも大きなツリーはどんなゴミで出したほうがいいのかわかりません。年末だからゴミの回収も限られていて出す曜日もあまりない。

そんな時札幌でのゴミの出し方を知っていると迷わずすぐに捨てられるのは知っていましたか?今回は僕の経験も含め、クリスマス時期にありがちなツリーの捨て方を紹介したいと思います。

あと、保管場所も大変だと思うのでツリーのレンタル方法もご紹介していきたいと思います。

クリスマスツリーは何ゴミ?

ツリーにも色々あってプラスチックでできたツリーや、本物の木でできたツリーなどがあります。プラで出したほうがいいのか?燃やせるゴミで出したほうが良いのか?札幌ではゴミ分けガイドという冊子を配っているそうです。

札幌市公式ホームページより

何やらアプリでもゴミの出し方などを紹介しているようですね。リンクを貼っておきますので使ってみてくださいね。

札幌市ごみ分別アプリ

札幌市ごみ分別アプリ
posted withアプリーチ

いつの間にか進化していましたね、おそるべし札幌市 。今の時代はアプリでなんでもみれてしまうのでとっても便利ですよね。早速ダウンロードして使ってみましょう。

アプリなどで紹介されていますが、自分で素材を確認しても良いかもしれませんね。素材は主に燃えるゴミと燃えないゴミと大型ゴミいうものに分けられて行きます。

燃えるゴミの分別は

  • 生ゴミや木製の製品
  • それと紙類
  • ビニールや衣類
  • 革やゴム製品

以上のようになっています、調べるとキリがありませんね。

燃えないゴミは以下の通りで

  • 家電製品
  • 金属製品
  • ブロック、レンガ
  • ガラスやセトモノ
  • 蛍光管

以上のような物になっております。

クリスマスツリーはものによって素材が違うので見極めが少し難しいかもしれませんね。プラスチックで作られてる部分もあれば何かわからない素材で作られている場合もありますよね。(木の葉になる部分はビニール?など)

そういう場合は燃えないゴミに出しても家電製品に分類されると思うので大丈夫。僕が持っているクリスマスツリーは光のファイバーが入っているタイプで、根本の部分がプラスチックでできています。

これも燃えないゴミで処分は可能です。木の葉っぱの部分がなんの素材かよくわからないときは、商品の裏に素材が書かれていることもありますので見ておきましょう。

他にはゴミが捨てられる意外な方法もあるので紹介していきます。

 

大型ゴミとは

札幌市の指定ゴミ袋は45リットルの取っ手付きの黄色いゴミ袋です。大きなゴミでもこの袋の中に入るようであれば燃えないゴミで出すことができます。

これは家電製品でも同じで、袋に入るものであればそのまま燃えないゴミの日に出して大丈夫。断捨離したらとってもたくさんゴミが出ますよね。そういう時はとても役に立ちますのでぜひ参考にしてみてくださいね。(家電4品目以外、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン)

このゴミ袋に入らなければ「大型ゴミ」という扱いになるのでその時の対処方法も紹介して行きます。

大型ゴミで出す場合は大型ゴミ収集センターに連絡します。それから大型ゴミシールを市内のドラッグストア、コンビニ、スーパー、ホームセンターで購入しましょう。札幌市の以下のようなシールが張っているお店にいくと売っています。取り扱い一覧店舗はこちらから

札幌市指定ゴミ袋・大型ゴミ手数料シール取り扱い店舗一覧(PDF437KB)

札幌市ホームページより

札幌市大型ごみ収集センター
電話:011-281-8153
受付時間:9時00分~16時30分(年末年始を除き、毎日受付)

そして回収日、回収場所を確認してその回収日の8時30分までに自宅の玄関先などに出しておきます。

そうすることで業者さんが持って行ってくれますので、安心して捨てることができますね。大きいゴミは出すのが大変ですし、ベッドなどの巨大なゴミは解体作業も入るので半日かかってしまいます。

そこで僕が解体作業もゴミ処理も同時にしてくれるところはないかなと探した結果、とても親切にしていただいた会社があったので紹介しておきます。利用した業者さんはルーツオブジャパンという会社です。
株式会社ルーツオブジャパンホームページ
本社:北海道札幌市中央区北六条西23丁目1-14
電話:(011)803-6445

ここは前日に電話して次の日に来てくれたので行動力がある会社かもしれませんね。日本で回収したものを海外にリユースしているそうですね。(もしかしたら少し余裕を持って事前に連絡したほうがいいかも)

ベッドは比較的使えそうなものだったので買取でお願いしたところ、1000円で買い取っていただけました。あとソファーも壊れていたので一緒に持って行って貰いました、でも解体作業費と運搬費を合わせると2万円ほどかかってしまったのです。

なので買取金額はあまり期待しないほうが良いと思います。運搬する作業の分も考えると決して安くはないですが、時間を買ったと思えば良いかなと思います。

業者さんにお願いする時は事前にどのくらいの金額がかかるのか確認しておいたほうが良いですね。

自分がいつも出すところ


僕は断捨離マニアなので定期的にものをあるところに捨てています。ゴミはお金をかけずに捨てることもできますが、できれば休みの日にまとめて一気に捨ててしまいたいですよね。

引越しの時なんかもたくさんのゴミが出ると思うのでこの方法はおすすめです。札幌では公共のゴミ処理場に個人がゴミを持って行って行くと有料で処分してくれるというサービスがあります。

これは車にゴミを積んで直接ゴミ処理場に持っていかなくてはならないので、かなり面倒ですが捨てた後は何にも代え難いスッキリした爽快感を味わうことができます。鼻の通りまでよくなるような感覚です。10Kg200円で処分してくれます。

札幌市家庭ごみの自己搬入(自分で市の処理施設にごみを持ち込む場合)

ちなみに食器などは扱っていないので気をつけてくださいね。セトモノは埋め立て工場に持って行かなければなりません。場所が違うので気をつけましょう。

セトモノや食器をゴミにする時は、手稲区の山口処理場という場所に集められます。ここは入り方が難しそうなので地図のPDFをご紹介しておきますね。

山口処理場の入り方の地図へのリンク(PDF:72KB)

このすっきり感を味わってから僕はゴミがたくさん出たら直接持っていくようにしています。でもツリーなどは毎年決まった期間しか使わないですし、保管している期間のほうが長いですよね。

それならいっそのことレンタルというでもありますのでそちらの方法も紹介しておきましょう。

ツリーはレンタルできる!

実はツリーはレンタルできます。札幌で店舗はないのかもしれませんが、レンタル方法はいたって簡単です。インターネットで予約して送ってもらうだけ、あとはクレジットカードで決済すればとても簡単に借りることができます。

クリスマスツリーのレンタルはこちらのサイト

僕はまだ借りたことはないのですが、年中保管するぐらいならいっそのこと借りちゃったほうが良いかもしれませんよね。何年か経ってゴミにするくらいならゴミの処分の手間も断捨離できそうです。

しかも借りたほうが毎年違うクリスマスツリーを飾ることができますし、保管代だと思って料金を支払うとメンテナンスもしてくれます。飾り付けも毎年代えてくれると考えれば安いものかもしれません。

今はシェアする時代なので、借りられるものはなんでも借りてしまいましょう。ちなみに車も今は格安でシェアできる時代です。借りられるのであればどんどん借りて無駄を省いてしまいましょう。

まとめ

今回はクリスマスツリーの捨て方とレンタルの方法をご紹介させていただきました。クリスマスツリーは意外に大きいので捨てる時が大変ですね!買った時は捨てる事も考えて購入するのが良さそうです。

クリスマスツリーを札幌でゴミとして処分する時は以下の手順で捨てましょう。

  1. クリスマスツリーの素材を見極める
  2. 大きさを確認 (札幌市であれば45ℓのゴミ袋に入らなければ大型ゴミ)
  3. 処分の方法を決める(小さくして燃えないゴミに出すのか、大型ゴミにするのか)
  4. 指定の方法でまとめたりしてゴミに出す

以上の方法でクリスマスツリーを処分できそうですね。これはその街によって出し方やルールが違うので気をつけましょう。

クリスマスツリーのレンタルの方法はこちら

クリスマスツリーのレンタルはこちらのサイト

クリスマスのツリーは色々なものが出回っているので毎年飽きなさそうですね。保管とメンテナンス代金と考えると元は取れるのかもしれませんね。しかも毎年綺麗なツリーでクリスマスを迎えられるので気分もいいですよね。

クリスマスツリーで困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

  1. […] 札幌でクリスマスツリーがゴミになった時の出し方とツリーのレンタル方法 […]

タイトルとURLをコピーしました