東京アラートとは何?発動しないのはなぜ?内容と基準詳細は?

ニュースの疑問

小池都知事が今日、東京アラートの発動に方針を固めるというニュースがありました。東京アラートとは都民に警鐘を促すための目的で設置されるようですがネット上では今日30人以上も感染者がでているのにもかかわらず東京アラートが発動しないと話題になっています。

東京アラートが今回発動されなかったのはなぜなのか?内容と基準はどのようになっていたのか?について解説していますので参考にしてみてください。

東京アラートが発動しないのはなぜ?

東京アラートが発動しなかったのはなぜだったのでしょうか?調べてみると意外な事がわかりました。

今回いきなり発動してしまうとパニックが起こるのでまだ発動しなかったようです。医療期間もパンクしそうな状況だと思いますので今ではないという事です。

いきなり増えてしまったので今後は20人を超えると発動してしまうということなのでしょう。

東京アラートの内容と基準は何?

調べてみると

都は東京アラートの発動指標として、「1日あたりの新たな感染者数(1週間平均)が20人以上」「感染経路が不明な人の割合(同)が50%以上」などの数値を示している。一方で、休業を再要請する基準としては「1日あたりの新たな感染者数(1週間平均)が50人以上」などとしている。

引用https://news.goo.ne.jp/

1日の感染者数が平均で20人以上行く、もしくは感染経路が不明な人の割合が50%以上行ってしまうと東京アラートが発動されるようです。

自粛が解除になったとしてもまだまだ油断は禁物、どこでコロナがいるのかわからないので注意が必要です。

関連記事

喉の痛みと寒気はコロナの症状?花粉症との違いをまとめてみた!
コロナウィルスにかかってしまったのか?喉の痛みや寒気がする!という時の花粉症との違いはなんなのか?調べてみました。コロナウィルスの初期症状はどのような症状があるのか?喉の痛みや寒気がする時はコロナの症状なのか?まとめたので参考にしてください。
アパホテルコロナ患者の宿泊料金は?受け入れ理由と税金投入は本当?
アパホテルにコロナ患者が宿泊した時の料金を調べてみた。受け入れ理由はどんな事があったのか?税金投入は本当なのか調べてみた。アパホテルの料金は今でも格安ですが、今後はコロナ患者を受け入れるということでどうなって行くのか気になるところです。

まとめ

今回は東京アラートが発動しなかったのはなぜなのか?内容と基準はどのようになっているのかを調べてみました。

なぜ発動しなかったのかについてはパニックが起こってしまうので発動しなかった、それに医療機関もパンクしてしまうおそれがあったのではないかと思います。

それに内容と基準は

  • 1週間平均20人以上
  • 感染経路不明が50%を超える

このような基準で発動されるようです。

なんとしても発動しない事を祈るばかりですが、感染者が20代を中心としていて夜の街クラスターと呼ばれる、夜の街に出歩いて感染してしまうケースがあるようです。

長い自粛期間でストレスが溜まっているのかもしれませんが、手洗いうがいは忘れずにしたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました