首都高トラック炎上はなぜ起きたのか?動画や画像は?トラックはどこの会社なのか?

ニュースの疑問

首都高で17日午後11時ごろ、川崎市川崎区東扇島の首都高速湾岸線上り川崎航路トンネル内で、走行中のトラックが炎上し、バスなど15台が絡む事故があったそうです。

神奈川県警によると、50代の路線バスの男性運転手が死亡、22人が病院に搬送されたようですね。

なぜトラックは炎上してしまったのか?動画や画像は?どこの会社だったのか?調べてみました。

なぜトラックは炎上したのか?

  • 川崎市川崎区東扇島の首都高速湾岸線上りトンネル内で走行中のトラックが炎上した
  • 炎上したトラックの煙で視界が悪くなり追突事故が多発
  • トラックの運転手は避難
  • 近くを走行していた路線バスが渋滞に追突
  • 22名が重軽傷、路線バスの運転手が亡くなった

ここで疑問なのがトラックはなぜ炎上したのでしょうか?トラックがなぜ炎上したのかはまでだわかっていない様子です。わかり次第追記していきたいと思います。

過去にはガソリンを搭載していたタンクローリー車が横転して甚大な被害が出ていたそうです。この時の被害総額はなんと33億円。

その会社は損害賠償を払いきれずに倒産してしまったそうです。

動画や画像

今は治ったようですが、これから色々と情報が出てきそうですね。なぜトラックは炎上したのか?気になるところですが、今後の情報を待ちましょう。

どこの会社なのか?

調べてみましたが、トラックはどこの会社かは出てきませんでした。今後警察の現場検証などがあり、わかってくると思います。

まとめ

今回は首都高トラック炎上はなぜ起きたのか?動画や画像は?トラックはどこの会社なのか?調べてみました。

トラックが炎上して煙が充満して視界が不良になったために起こってしまった悲劇のようです。まとめてみると

  • トラックが炎上して煙が充満し、追突事故が起きた
  • 近くの路線バスも追突
  • バスの運転手は亡くなった
  • トラックの原因は不明

トラックがなぜ炎上したのかが今後のニュースで明らかになってくると思います。

事故で亡くなられた方にはご冥福をお祈りしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました