首都大の殺人手技授業で骨盤障害を隠蔽!死亡例も

ニュースの疑問

首都大学東京で授業中に関節マニュピレーションという授業が行われたそう。実はこれが殺人手技ともいうべき危険な授業だった事が発覚しています。この授業を定期的に受けていた生徒が骨盤障害を発症したそうです。

そうして生徒は大学に問い合わせ、連絡を取りました。7月中旬にY教授から届いたメールは、『関係者で共有・協議します』だけ。Y教授もひどく、メールしても毎度1週間以上返信がない。らちが明かず、8月中旬に大学のハラスメント委員に連絡しました」とのこと。

こんなことが大学であっていいものなのでしょうか?もしかして隠蔽?ここで疑問なのが、生徒の発症した骨盤障害というのはどういったものなのか?殺人手技と呼ばれる関節マニュピレーショとはなんなのか?過去の死亡例もあったそうなので調べてみました。

仙腸関節痛とは?

首都大の生徒の負った骨盤障害は仙腸関節痛と呼ばれているそうです。これは骨盤がずれることによって腰痛が発生して、椅子に座ると強い腰痛、立って右脚に体重をかけるたびに痺れと脱力感、強い痛みが生じてしまう関節痛の一種だそう。

矢印のところが仙腸関節

この仙腸関節はとても繊細で、ほんの少しのズレで痛みが出てしまうようですね。このバランスが崩れると足などのバランスも崩れるので、体重を片方にかけると痛くなるようです。

ここまでの痛みが出てしまうのにどんな経過を辿ったのでしょうか?腰痛は本当に辛い、ずっと痛みが続いて精神的にも病んでしまいそうです。生徒さんは仕事も休まなければならなくなったそうです。

仕事まで支障が出てしまうのは一大事ですね、生活に支障を来さないようにするのがリハビリの仕事のはずなのですが、逆に支障を増幅させてしまっています。

どんな手技なのか?

ここでも疑問なのが、どんな方法でこんな事になってしまったのか気になりますね。教授もそこまでできるのなら逆に治すのもできそうな気がします。

関節マニュピレーションとは関節の痛みをとり、動きを柔軟にしてくれる手で行う特殊な方法のようです。(関節を伸ばしてぽきっと音がするような動きをする事など)

生徒さんは教授にこの殺人手技と言われるような関節マニュピレーションをされたようですね。一体どんなものなのか調べてみました。

出てきたのはカイロプラティックを幼児に施術して死亡させた、という事故があったことが出てきました。

他にもアメリカの女優が椎骨動脈を損傷して動脈解離を起こしたという死亡例もありました。カイロプラティックと呼ばれる方法で、アメリカ発祥の手技なのだそうです。

今ではカイロプラティックは安全性などから疑問視されることが多くなり、今ではそこまでやっている整骨院はなさそうですね。

このような手技をもしかしたらやってしまったのではないかと予測できそうです。生徒さんは「他には腰痛持ちの人や、留学生などでモデルが自分しかいなかった」と言っています。

腰痛を持っているならその手技で直せそうなものですよね。生徒さんも仙腸関節がずれてしまったのなら、教授もそれを直せそうなものですが、謎は深まるばかりです。

大学側の対応

「結局、聴取後の9月下旬に本部から届いた聴取結果は、『精神的損害のハラスメントとしてしか受けつけられない』というもの。謝罪や、手術費などの相談は、『制度がないから』と却下されたそう。

現在も大学からの連絡はないそうです、一体どんな対応をするのかこれから見ものですね。隠蔽してしまうのか、お金で解決してしまうのか気になるところです。

ネットの反応

ネット上でも色々と議論されていますが、カイロプラティックなどは資格もあるそうです。でも一部の人たちは自称カイロプラクターという名目で職業をしている人もいるそう。

一般人でも偽ってカイロプラティックをしている人がいるようですね。かなりこれは怖い!

まとめ

今回は首都大学東京の生徒が殺人手技を行われて骨盤障害を負ったニュースについて調べてみました。死亡例もある手技なのでそれをわかってやったのかどうかはわかりません。

隠蔽だと思われてしまってもしょうがない内容なのではないかと思いますが、一体どうなんでしょうか?

ネット上では殺人手技なんかじゃなく、かなり一般的な手技だということも言われていますが真偽はわかっていません。

ニュースをまとめて見ると

  • 生徒が負った「仙腸関節痛」とは骨盤の関節がずれて痛みが出てしまう関節炎
  • 関節マニュピレーションとは関節の動きを柔軟にして痛みをとる技術
  • 過去の死亡例とはカイロプラティックでの死亡例のことかも?

このようなことが言えそうです。背骨などの骨や関節は繊細な神経や動脈がたくさん通っており、素人がうかつに手を出してやってしまうと痛い目をみそうです。

色々な本などは出ていますが、実際にやるときはちゃんとその道で結果を出している人に教えてもらった方が良さそうですね。

色々な情報があふれている時代だからこそどんな情報を選択していくのか?が重要になってきそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました