黒染め後のカラーをブリーチなしで明るくする方法と美容院での頼み方とは?

髪の毛の知識

専門学校や大学を卒業したらルールや規制などがなくなって髪の毛を染めたくなったりしますよね。でも今まで黒染めをしていたから大丈夫かな?希望通りの色なるのかな?など色々な疑問が出てきそうです。

黒染めした後に「希望はブリーチなしでベージュのブラウンにしたいんですっ!」ってオーダーされることもありますが、実は黒染め後のヘアカラーは色味が入りにくい事は知っていましたか?

かなり前に染めたから大丈夫でしょう!などと思っていると後で大変な目に合ってしまうので、ちゃんと髪の事を知ってどうしたらよいのか、美容院ではどんな頼み方がいいのか?まとめてみましたのでみてみましょう!

ブリーチなしでベージュブラウンにはできるのか?

今回はお客様から黒染め後の髪をブリーチなしで明るくして欲しいというオーダーがありましたので記事にしてみました。

お客様は大学を卒業後、就職して落ち着いたときに周りの先輩たちをみると、けっこうみんな自由に染めているので自分も明るくしたいという事でした。

お客様は今までずっと僕が担当していましたが、かなり前に黒染めをして髪が暗くなっていたので、今回は難しいかもとお伝えしました。

髪の毛に黒染めが入っているとなかなか色が取れず、明るくしても赤味が出て赤茶色になっしまうのです。オレンジに近いような色で、透明感のあるベージュ系の色とは正反対の硬さのある色になってしまいます。

黒染めをしていると明るくしにくく、黒染をとるのにも時間がかかります。

お客様は透明感のあるベージュブラウンにしたいと思っているので、明るくすると希望とは全く違った色になってしまいます。

でもお客様は「黒染めは結構前に染めたからもう抜けているだろう」と勘違いしています。こういったことは美容室でよく起こります。

ここで食い違っているのは

  • お客様は黒染めがもう抜けたと思っていて明るくなると思っている
  • 美容師は髪を明るくすると赤くなると思っている
  • 美容師とお客様の言葉の定義が食い違っていてイメージが伝わりにくい

意外にこの言葉の定義の食い違いが結果を悪くすることがあるんです。お客様でも髪の毛を明るくすることを「赤くする」と言っていることもあり、イメージを共有するのに時間がかかります。

そう言った食い違いをなくすためにはこちらから、「赤くすると言う事は髪の毛を明るくするのか、色を赤い色で染めるのか?どっちでしょう?」と聞いてあげる必要があります。美容師は気をつけてカウンセリングをしましょう。

年代にもよりますがご年配の方は明るくすることを「赤く」するといい、年代が若い人は明るくすることを「明るく」という傾向があります。

美容院でのうまく伝わらない原因は、頭の中の映像を言葉にできていない時です。でも頭の中の映像を言葉にできる人ってなかなかいません。それができたら苦労なんてしませんよね。

今回は長く来て頂いている常連のお客様だったので理解いただけました。長く来ていただけるとさっき言ったようなイメージが言葉にできなくても大体言いたいことはわかりますし、タイプが合わないということもありません。

今回の場合だとお客様は時間はかかっても髪を痛めたくないので少しづつ髪を綺麗なベージュにしていきたいと言う事でした。でも黒染めはかなり前にしたから別に関係ない、イメージ通りに明るくなると思っていたようです。

黒染め後のヘアカラーはブリーチなしでもベージュブラウンにはできますが、少し時間がかかります。それと黒染めが入っているときは赤くなることもあるので、同じ日に二回カラーをすることもあります。一回目は髪の毛を明るくする工程、二回目は赤味を消したり明るさをコントロールするんですね。

今回はブリーチを使わずに黒染めを明るくしてみましたので、写真もみながら状態はどんな感じだったのか?みていきたいと思います。

事前の状態

お客様がお店に来た時は髪の毛が黒く、肌色にも合っていないような感じでした。元々お肌が白いので、髪の毛を明るくすると肌色に近づいて、より一層透明感が出ます。髪の毛だけではなく、顔全体も透明感が出てくるんですね。

今回は透き通った雪のような白いお肌に馴染むようにカラーを調合して作っていきます。この時大事なのは「髪色を妄想すること」です。美容師はイメージを作るのが得意なので、思い切って妄想しましょう。自分が思う好きな色に染めちゃうことでテンションも上がってきます。

テンションが上がってくるとより会話に弾みが出て、怖いものがなくなってきます。そうです、マリオがスターをとったときのうなリズミカルな音楽がなって体全身が光輝いて、一人ミラーボールのようになるのです。

こう言ったことを妄想するだけで自分のテンションや波長が上がってきます。テンションや波長が上がることでおなじようなお客様がたくさん集まってきます。美容師にとって大切なのはテンションを上げて、波長の同じお客様を集めることなのです!

話はかなり脱線事故を起こしてしまいましたが、事前の状態をまずは解説していきます。

事前の状態は毛先が明るくて他は黒くなっています。

いつもお客様はアイロンをされるので毛先が痛み、中の色素が抜けていて髪の毛は細く、髪の量があり、しなやかな髪です。ですが、毛先まで指を通してみると少し引っかかり、引っ張られて痛そうです。

髪の毛って束で引っ張られると痛くないんですが、1本とか少ない量を引っ張ると皮膚の痛点と言う神経細胞を刺激してしまうので痛く感じます。ちなみに髪の毛を束で引っ張ると1トンもの重量を引くことができるそうです。

まあ、そんなことしたら髪が痛みまくってカラーどころじゃないですが、その話はおいといて。

ここでの問題は髪の毛の状態は毛先が明るいだけで、どこから黒染めが入っているかわかりません。当てずっぽうで染めると根元が明るくなり、毛先が暗くなってしまうと言う悲惨な結果になってしまいます。

そういった結果を招かないためにも初めてやるお客様でれば、髪の毛2〜3本をブリーチしてみて、どこから黒染めが残っているかテストすると言うやり方もあります。これをすると初めて担当するお客様もどんな状態になっているのかわかるので安心です。

それでは明るく染めてみた状態をみてみましょう!

どのくらい明るくなるのか?

今回は明るすぎず暗すぎずちょうど良い感じの色にしてみました。明るさは日本ヘアカラー協会が出しているカラースケールという基準を使います。これで言う7番くらいを目指して染めてみました。

https://www.jhca.ne.jp/より引用

レベルは7番で一番自然に見える色です。肌色にも合って染めているのがわかるくらいだったら本当は8番くらいの色の方がいいのですが、今回は会社に行ってもあまり注目を浴びない程度を意識してみました。

実際にレベルスケールを使って見ても染めた全体の印象がわからないので最終的にはどんな色になるのか?が気になりますよね。そういう時はヘアスタイルの写真をみて決めるといいと思います。それでは実際に染めた写真を見てみましょう。

これが7番くらいの色で染めた全体の印象です。

このように全体を染めると雰囲気も変わって肌色にもマッチしてるように見えました。本当は二回カラーをするはずでしたが、途中で色をみると染まってくれていたので今回は1回で終了しました。

ですがよくよくみると少しだけ中間には黒が少し残っていました。ブリーチなどでとることもできますが、お客様はブリーチをしたくないのと、痛めたくないということなので、今回はしませんでした。

次に染めるときには色も少し明るくなり、黒染めしたところも徐々に色が抜けてくることが予想されます。今度は色味を入れて調節しベージュっぽくして行こうかなと思います。次に染める時が楽しみですね!

ビフォアーとアフターを比べてみました。

左が染める前右が染めた後です

まだ染めていない状態の髪は全体的に黒く、毛先の色が少し明るくなっているように見えます。これはアイロンを毎日したりするとだんだんと色が抜けて痛んで明るくなってくるんですね。そして以前にも黒染めをしていたので赤く色落ちしてきています。

明るくなっているところも綺麗に染めていきたいのですが今回は色は入れずに、まずは明るくする!というところに重点をおいて染めてみました。染めた後は明るくなってくれましたが、毛先の方はもう少し明るくして赤味を抜いていきたいところですね。

根元の明るくしたところは自然なブラウンでいい感じなってもうすでにベージュっぽさが出ていますが、毛先は赤味があるので少し硬く見えます。時間が立ってくると少し色が抜けてきます。明るくなってきて根元の髪が伸びて黒いところが目立ってくるのが2ヶ月くらい。

そうなったら「あぁなんだか根元が黒くなってプリンのようだわぁ」なんて感じる時期です。ちょうどそのくらいに予約を入れておくのがいいでしょう。予約を入れておくと電話をかけなくてすみますので楽ですね。

今だと予約日の10日前になると自動でメール配信されるので忘れることもありません。メールがきたときにちょっと予約をずらしたいと思った時はその場で違う日にずらすことは可能です。便利な時代になりましたね!

それでは次に美容院でヘアカラーをブリーチなしで明るくするときの頼み方も見ていきましょう。

髪色を注文するときの頼み方はなんて言ったらいい?

会社の基準にも違反しないようにちょうど良い色味にしたい時、どうやって注文したらいいのか?なんて言ったらいいのか?言葉にできない時ってありますよね。そう言った時はレベルスケールの存在を思い出してください。

レベルスケールがあったら「ヘアカラー協会の7番くらいのベージュにしたい」というといいかもしれません。急に言うと、「この人はヘアカラー協会の回し者かな?」などと思われてしまいます。

そう思われないためにワンクッションいれる言葉として「ネットでみたんだけど」など言うと安心かもしれませんね。ヘアカラー協会の存在も一般的にはあまり知られていませんので、誰かに教えてあげると「物知りだね〜」と思ってもらえるかもしれませんね。

美容院で黒染め後のヘアカラーをブリーチなしでお願いするときの頼み方は「ブリーチをしないで髪の毛を明るくしたい」とはっきり言うだけでいいでしょう。でもブリーチなしでできない時もあるので初めていくお店だったらどのくらい明るくなるかテストしてもらうのも一つの手段です。

テストしてできそうだったらやる。時間はかかるけども明るくしたい時は毛先だけを少し明るくなるように染めたりすることもできます。ブリーチをしても髪が痛まないようにすることもできるので、そこは美容師と相談してみるといいのかもしれません。

まとめ

今回は黒染め後のヘアカラーをブリーチなしで明るくする方法と美容院での頼み方を紹介してみました。黒染め後のヘアカラーを明るくするときは、かなり技術が必要になってきますので、黒染めをするときも明るくする時も同じ美容室でやるといいと思います。

黒染めは何もしなければ2年前の染めた色でも残ってしまいますし、抜くのも大変になってきます。黒染めとブリーチを繰り返すと髪の毛が痛みすぎて最終的にはぶちぶちと切れてしまい、髪を伸ばしたくても伸ばせなくなってしまいます。

黒染めは思った以上に厄介な存在なので、黒染めする時は長期間かかることを頭の片隅に入れておいた方がいいでしょう。まとめてみると

  • 黒染め後のヘアカラーをブリーチなしではできるが髪の状態よって違う
  • 黒染めをブリーチなしで明るくする時の美容院での頼み方
    • 明るくできるかどうか相談する
    • 明るくなるか分からないようであればテストしてもらう
    • 黒染めを明るくするのが得意な美容師を探すのも一つの手

美容室で髪の毛を明るくする時は成功する難易度が高く、失敗することもありますが、基本的には美容室で治してくれるので、失敗したとしても諦めずに通うことが必要です。黒髪を卒業して髪が明るくなって気分も明るくなっちゃいましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました