アッシュブラウンブリーチなし明るめで染めた時の色落ちとは?

ヘアカラーの知識

おしゃれな髪色にしたいなと思い、アッシュブラウンの明るめで染めてみたい!でも色落ちが気になるという人もいて、本当のところ、どんな色落ちになるのか気になるな、という方もいると思います。

でも会社でそこまで明るくできない、ブリーチなんてできるような環境じゃない!と言う人におすすめのアッシュブラウンを紹介していきたいと思います。アッシュブラウンをブリーチなしで染めた時の色落ちはどんな感じになるのか?

アッシュブラウンはどんな髪型に似合うのか?解説していきたいと思います。

アッシュブラウンをブリーチなしで染めた色

髪色をアッシュブラウンに染めたいけど、どんな色になるの?という疑問もありますよね。アッシュブラウンはもともとの髪の状態によって色が変わってくるので、注意が必要です。

通常、美容室で染めるお客様は前回も同じアッシュ系の色や茶系のヘアカラーで染めていることが多いので、多くのお客様は綺麗なアッシュブラウンになります。

その他の場合で黒染めやブリーチをしている履歴がある時。そう言った場合は染めた後の色が思い通りにならないことが多いです。

なのでアッシュブラウンに綺麗に染めたいと思った時は、染めてもらう美容師に今の状態がどんな感じで結果的にイメージ通りに染まるのか、確かめた方が良いかと思います。黒染めをしている時は髪が明るくなりにくいので、何度か染めてあげないとダメなんです。

一度黒染めを明るくして、赤味を抑え、その後にアッシュ系の色をのせます。それでも髪の中にある黒染めの人工的な色素が抜けないとアッシュ系の色を入れても綺麗になりません。

実際に染めた時の写真があるので、みてみましょう。

アッシュブラウンが綺麗に入ると透明感が出てきます。

アッシュブラウンは何度も染めてあげると色が蓄積してくるので、時間が経過しても綺麗な色が持続してくれます。最初染める時に黒髪で元々の髪色の赤味などが残っている時はどちらかと言うと茶色になります。

このお客様は2ヶ月に1回必ず染めているのでとても綺麗な色になります。このように定期的に染めて目的の色に向けて少しづつ積み重ねて行くと綺麗です。多くの方は1回で綺麗なアッシュブラウンにしたいと思いますが、おすすめは2回染めて綺麗にしていくのが良いと思います。

1回で染めるとなると今までのヘアカラーの履歴にもよりますが、一度明るくする工程を挟まないといけません。1回で染める方法もありますが、やはりダメージが伴ってきます。なのでおすすめは2回染めることですね。

関連記事

アッシュブラウンのヘアカラーとはどんな色に染まるのか?
アッシュブラウンのヘアカラーとはどんな色に染まるのかについて紹介しています。染めるとどうなるのか?色落ち後はどんな色?ブリーチなしでもできるのか?について紹介しています。髪色に厳しい職場でも意外にOKなヘアカラーなので挑戦してみる価値あり!

アッシュブラウンブリーチなしの色落ちは?

アッシュブラウンを綺麗にブリーチなしで染めてみた、でもその後の色落ちがきになるという方もいると思いますが、先ほど紹介した綺麗なアッシュブラウンをそめる前の状態もみてみましょう。

明るく染めると2ヶ月で黄色く明るくなってしまいます。

こちらがアッシュブラウンをブリーチなしで明るく染めた時の色落ちです。けっこう黄色くなっているのがわかりますね。この後に黄色を消す色とアッシュをまぜて綺麗な色にしていきます。

アッシュは赤味を抑えて綺麗に染まりますが、赤味を抑えたぶん、黄色が目立ってきます。一回染めて黄色くなってきたら、すこ〜しだけ紫を入れるとよいのですが、この配合は人によって違うので、ここで美容師の経験や知識で差が出てくるところです。

色が抜けても色落ちを楽しみながらアッシュブラウンを染めてあげるととても良いと思います。

1回でアッシュブラウンにしたい時はどうする?

先ほど「アッシュブラウンにするには2回必要だ」ということをいいましたが、実は1回で染めることができるんですね。でも一回で染めるのは裏技的なものなので髪が傷んでしまうというリスクがあります。

裏技をもう少し説明すると、一回で髪を綺麗な透明感のあるアッシュブラウンに染めるためには、明るいアッシュと暗いアッシュを混ぜるといいんですね。この理論は加減法と言われていて、昔からあるヘアカラーの技法になります。

明るいアッシュで髪にもともと入っているメラニンを破壊して、暗いアッシュで色味をたくさん入れ込むという技法です。これをすることによって、もともと暗めの茶色だった髪を少し明るめのアッシュブラウンに変化させることができます。

最初からこの技法をつかえよ!と思われるかもしれませんが、これをすると普通のアッシュブラウンで染める時よりも、アルカリと呼ばれるキューティクルを開く成分を多く使うので、髪にダメージが出てしまいます。

なので、この技法を使う時は必ずおうちでケアするか、お店でトリートメントをするのが良いと思います。

色が落ちてしまった時はこれがオススメ!

他の記事でも紹介していますが、色が落ちてしまった時はカラーシャンプーを使うのもおすすめです。1週間くらいで色が明るめになってしまった時は美容室に問い合わせてもう一回染めてもらった方がいいかもしれません。

でも色が2ヶ月くらいで徐々に明るくなり、髪がかなり明るくなってしまい、もう少し色を補給してアッシュブラウンを持続させたい時に活躍するのがカラーシャンプー。

紫色のシャンプーは金髪にした時の黄ばみを消す時に使い、グレー系の色が入っているシャンプーは少し色を補給する時にします。2ヶ月経って色がだいぶ落ちてしまった時のシャンプーはこちら

スロウ カラーシャンプーアッシュ 80ml
スロウ
¥1,268 (¥16 / ml)(2020/06/05 15:39時点)
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :14.3 x 6.6 x 4.4 cm

このシャンプーは髪が黄色くなって色が抜けてきた時に色を補給して少しグレー感を出すために使います。こう言ったものを使うと色もちがよくなり、ブリーチなしで染めたアッシュブラウンも持続してくれるようになります。

関連記事

【レディース】アッシュブラウンの髪色はブリーチなしでどこまで染まるのか?
レディースのアッシュブラウンの髪色はブリーチした時とブリーチなしの違いは何なのか?どういった違いがあるのかについて解説。アッシュブラウンは綺麗な色ですが、ブリーチした時はどんな色になるのか?ブリーチしない時はどんな色になるのか解説してます。

まとめ

今回はアッシュブラウンをブリーチなしで明るめに染めた時の色落ちと対策を紹介しました。アッシュブラウンは透明感が出てオフィスで働く方や職場で髪色が厳しい人にもおすすめです。

綺麗に染めるためには何回か染めてあげる必要があり、1回で染めることもできますが髪にダメージが出てしまいます。なので数回に分けて染めるのがおすすめ。美容室によっては色味を用意していないところもありますので、事前に電話して自分が希望する色があるかどうか確認してみるのも良いと思います。

初めていくときはなるべくヘアカラーが得意な美容室に行くことをお勧めいたします。そう言った美容室はインスタなどでヘアカラーの情報を発信しているので、SNSやブログを参考にしながら美容室を選んでみると良いと思います。

今回の記事をまとめてみると

  • アッシュブラウンをブリーチなしで染めるには複数回染めることが必要
  • 1回でも染めることはできるが、髪が傷んでしまうのでケアが必要
  • 色が抜けてしまったらカラーシャンプーを使うのがベスト
  • 染める前の色が茶色ならすぐ染めることができるが、真っ黒の時は2回がお勧め。

アッシュブラウンはとても綺麗に染まってくれますが、色を管理することに少し手間がかかるのでそこは美容師と相談することをお勧めいたします。各美容室でも勧めているシャンプーは違いがあるので、自分にあったものを聞いてみるのがいいでしょう。

アッシュブラウンをブリーチなしで染めたい時は参考にしてみてくださいね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] アッシュブラウンブリーチなし明るめで染めた時の色落ちとは?アッシュブラウンをブリーチなしで明るめ染めたときの色落ちの対処方法と事前の状態による色の違いを解説。1回で染 […]

タイトルとURLをコピーしました