高額なWEBサイト作成をキャンセルした理由

世の中には情報を知らないことをいいことに高額の商品を売りつける業者さんがいらっしゃるようですね。

今回はWEBサイトを作った時に詐欺?にあった話を忘備録として書いていこうと思います。

これからWEBサイトを作ってもらおうか考えている方や、自分でWEBサイトを作ってみようか考えている方に向けて

これだけはやってはいけないことなどを解説していきたいと思います。

目次

WEBサイトをリースでは買っていけない理由

御社の商品であれば絶対に日本一を取れますよ!とかで、営業の電話がかかってきた時は要注意。

「WEBサイトをリースで5年で3万円で創りますよ」というのは5年で160万円のサイトをガッチガチに契約させて、しかも払い終わった後は毎月3万円で貸しますよ。

サイトの所有権は作った会社にあるので、お金払ってくださいね。ドメインやサーバーもこっちで持っているので手間がはぶけていいですよ。

こんな感じで

集客に困ったひとからお金をむしりとるような会社だったりします。

5年で毎月払ったら150万円は超えてきます。

知っていますか?サイトの原価って1万円もしないんです。

サイトのサーバーのレンタル料、それにドメイン代、あとはホームページをどこで作るかによって値段は前後します。

ちなみに僕のブログやお店のサイトの運営費は2000円くらいです。(笑)

それで他人にサイトをつくってもらったら160万円(笑)

電話で初めて話した人にいきなり自分がつくったサイトをベタぼめされたらそりゃあ気分もよくなるわけです。

僕も最初は電話をとって、営業だろうと思っていたのですが何やらこちらのことをしっかりと調べているらしい。

まんまとハマってしまって契約をしてしまったのです。

WEBサイト作成の落とし穴

サイト作成に関しては僕はもう20サイト以上作ってきましたがサイトは自分で作れるし、デザイン意外ならそこまでお金はかからないのは知っていました。

落とし穴としては「デザイン性のよいWEBサイトって高そうだな」なんて思わせたら勝ちなところがあるんですね。

ワードプレスなどを使ってウェブサイトを作るなんてのは今はもう簡単な時代になっているんです。

知らないことをいいことに法外な値段を吹っかけてきます。

でもリースだと毎月の支払いは3万円以内で収まりますよと。

「なんだそれならいいじゃないか」とおもって気軽に契約すると痛い目を見ます。

リース契約に一回契約をすると解約できません。

それに個人と契約ならまだ解約の余地はありますが、事業者同志の契約となると解約はできなくなるようです。

私が解約した理由は記事を書く時にこだわることができなかったから。

これなら全然ワードプレスの方が見やすくていいじゃないかと思ってしまったんです。

それとトップページの画像に入っている文字なんかを変えようとするとお金がかかります。

使えば使うほど吸い取られてしまう仕組みなんですね。

それに5年間払い終わってもサイトは自分のものにはなりません。

リース代金を払い終わった後でも使用するには毎月3万とかかかってくるんです。

これなら自分でサイトをつくってわからないところは自分で調べてサイトをつくった方がいいです。

ちなみにワードプレスを自分で作ってサイトのサーバーを管理しても、毎月数千円ですみますし、年間で見ても数万円で済んでしまいます。

綺麗なサイトをつくるならSEさんやディレクター、デザイナーなどの人件費がかかっているのでしょう。

それもクラウドワークスで単発でお願いすれば少し高くなるかもしれませんが継続的にお金を払うことはないですし、そこまで高額にはなりません。

今後はどうするか

今後は自分でつくったサイトを運営してそこからの集客をやります。

WEBの知識がないことをいいことにWEBサイトをつくってお金をむしりとる業者には美容師さんは関わってはいけないと思うんです。

でも自分は美容師の仕事に夢中になりたい!でもWEBの知識はわからないからお任せしたい!という人はいいのかもしれません。

美容室の集客の悩みを外部に委託するのはかなり危険と言わざるを得ないでしょう。

集客を学べば学ほど、いかに美容室が食い物にされているのかが浮き彫りになってきます。

これからも勉強が必要だと感じた経験でした。

150万のサイトをつくってもそれを回収するまでにどれくらいかかるのか。

どこでペイできるのかしっかり考えてから契約をすることをお勧めいたします。まぁそんなにほいほい引っかかる人はあまりいないと思いますけどね。

あ〜!くやし!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる