髪色をピンクから茶色に戻す方法!ピンクブラウンが似合う人の特徴3つ

ヘアカラーの知識
http://www.kando.tv/talent/talent/shimoda.phpより引用

ピンク色の髪色にして、もしかしたらピンクが濃いかなって思った事はありませんか?「ここまでビビッドなピンクだとは思っていなかったんだよなぁ、失敗したなぁ…」なんてことになってしまうと目も当てられませんよね。

髪色を戻したいなって思ったとき、ピンクから茶色に戻すにはどうしたらいいのか?明日から学校行くのにちょっと恥ずかしいなあ‥と思いますよね。もしかしたらピンクは私に似合っていなかったの?という方もいると思います。

ですが、ピンク系の色は全員が全て似合うとは言い切れません。おばあちゃんにピンク色を入れても「どうしたの?」と言われてしまいそうですよね(笑)。もしかしたらそんなファンキーなおばあちゃんもいらっしゃるかもしれませんが、なかなか見つけるのは難しそう。

それではピンク色の髪を綺麗な茶色に戻す方法、それにピンク色が似合う人の特徴も3つ紹介していこうと思いますでは早速見ていきましょう。

ピンク色から茶色に戻す方法

髪色をピンクからピンクブラウン、そして茶色に戻す方法としてはいろいろあるのですが、1番の方法としては染めてもらったところに行く、というのが良さそうです。

たまにせっかく染めてもらったけどもう少し抑えた感じがよかった…と相談されることもあるのですが、違う店に行くと使っている薬剤も違うし、担当者の得手不得手というものもあります。

染め直す1番の方法は「染めてもらったところに戻る」ということです。やり直しをしてくれる美容室がほとんどだと思いますので再度電話で問い合わせましょう。

少し申し訳ない気もしますが、もう一度行ってやり直し、それでもダメだったら違う美容室にいきましょう。直しが得意な人もいますし、カラーが好きすぎてパーマやカットは全然だめだけどカラーならめちゃくちゃ得意!カラーに人生かけてます!というカラーマニアもいます。

美容師によって得意なものが違うので、インスタなどで美容師の得意なもの確認してから選ぶとよいでしょう。

それと髪の毛を直すためには今ままで何を使ったか?どんな薬剤で染めたのかをちゃんとカウンセリングしてくれるところを選んだ方がいいと思います。「カウンセリングに力を入れてます!」と謳っている美容室であれば大丈夫だと思います。

元の美容室に行くということである程度は解決すると思うのですが、具体的にどんな方法で髪色をチェンジするのかを見ていきましょう。もしかしたら緊急に自分で染めることがあるかもしれませんので、知っておいて損はないでしょう。

脱染剤を使う

美容室でカラーを失敗してしまった時はカラーをまた違うものを使いそうですが、やはり入れたものは一度抜いてしまわなければなりません。脱染剤、これは最終手段にしたい…なぜかというと、かなり髪が傷むからですね。

一度傷んだ髪の毛は元には戻りません。髪の傷みを改善する美容室などもありますが、本当のところは傷んでしまうと元に戻らないのです。トリートメントして元に戻った!という方もいらっしゃいますが、手触りがよくなっただけで根本的に治ったということではありません。

脱染剤を使う時は黒染めを明るくする時か、失敗した色を染め直す時です。ヘアカラーは英語でかくと「hair die」と書きます。まさに髪を死なせる行為なんですね。なぜかという事を詳しく書くとかなり長くなってしまいそうになるので端的にまとめると。

  • 髪を染める時は一度髪の色素を破壊する
  • キューティクルも開かせて人工的な色素をいれる
  • 入った色素は髪の毛の中で膨らんで色を出す

ということをヘアカラーでやっているんですね。こういう髪に負担のかかる事をしているので髪を痛めてしまいます。失敗する時は初めて行く美容室でのことが多いかもしれませんね。失敗してしまう理由は簡単で、美容師がお客様の髪の状態がわかっていないから。

長く担当している美容師だと失敗も少ないので、髪を希望通りに染めたい時はいつも担当してくれる人にお願いしましょう。

いきなり入った美容室でピンクや奇抜なカラーをオーダーするとお客様の髪質や好みが掴めなくて失敗してしまうこともあります。

希望通りにしたい時はある程度長く通って、自分に合った髪色を提案してくれる美容師を見つけましょう!

茶色をいれる

ピンクになり過ぎた!という時や、奇抜になり過ぎた!となり、美容室に行くことができず、自分でやることになった時。緊急に自分でも対処できる方法を少しを紹介していきます。

ピンク系の色を少し抑えたい時は、上から少し暗めの茶色を足すといいです茶色を入れるとピンク系の色は少し明るさが暗くなり、奇抜な感じが抑えられるからです。

ヘアカラーの仕組み

ヘアカラーは色相環というものがあり、カラーの補色と呼ばれるものを使い色をコントロールします。この色の正反対の色の事を補色といいます。

例えば赤の補色だと青緑が補色(反対色とも言われる)になります。ピンク系の色を茶色に戻したい時、どんな色を使うのか?みてみましょう。

http://rock77.fc2web.com/main/color/color1-2.htmlより引用

ピンクを茶色やピンクブラウンにしたい時は反対の色を入れるといいと思います。例えば上の図の赤の反対の色は緑系の色が補色となります。ですが「ピンクの反対は緑だから緑で染めよう!」と思って単純に緑を入れるとすごい色になりそうですね(笑)

絵具をたくさん混ぜるとどんどん汚い色になっていくのと同じです。こう言った場合は少し暗いアッシュ系の色かブラウン系の色で染めてあげるといいと思います。そうするとピンクのキツさが消えて少しまろやかな感じになるでしょう。

逆に髪色がブリーチしていて明るかった場合、緑系の色を入れるとどうなるのかというと、少し濁りそう。これはブリーチの髪の場合、光の3原色が使われます。

https://iro-color.com/episode/three-primary-colors.htmlより引用

光の3原色と色の3原色が違うのは科学の実験などで見たことがあるかもしれませんね。色の3原色はよく使いますが、光の3元色はあまり使いませんよね。ブリーチは髪の色を抜いて透き通った黄色の髪を使うので光の3原色と色の3原色をうまく組み合わせて染めないといけません。

失敗してしまったヘアカラーって特殊で難しいんですね。ピンク色に茶色をいれると良さそうですが、土台の色にもよるのでどうなるかはベースの色をみてみないとわかりません。人によって微妙に色が違ってくるのでそこは美容師に任せた方が良さそうですね。

要するに奇抜な色や明るい感じの色を染める時は難しいのでかなり注意が必要って事です。

あとピンクにしたい時や、ピンク系の色が似合う人の特徴も3つにまとめてみたのでご覧ください。

ピンク系の色が似合う人の特徴3つ

街でもピンク色の髪の人はたまに見かけますが、「ああ、この人はとてもピンクが似合うな!」という人と「なんか無理しているなぁ」と見える人がいます。やはりそう言った人の特徴があるように思いましたので独自の視点で考察してみました。

髪色をピンクから茶色に戻す方法はなんとなく難しいんだなとわかっていただけたと思いますが、一体どんな人がピンク系の色が似合うのでしょうか?そもそもピンクにしたくてやってみたけど色を落としたくなってしまった、そう言った時は自分のファッションを客観的にみてみましょう。

ビビッドになりすぎたから髪色を元に戻したくなったのか?それとも自分のファッションと髪色が思うようにマッチしていなかったのか?ピンクが似合う人とはどんな人なのか?特徴を見てみましょう!

ピンクブラウンにしたときに自然に見えるような服や考え方も見ていきます。

肌色が白っぽい

特に似合うなぁと思うのが肌が白い人ですね。人種の話ではなく、肌色のベースが黄色ベースかブルーベースで違いが出てきます。このベースの違いはメイクをしてる方であればなんとなく聞いたことがあるかもしれません。

ブルーベース用のお肌とイエローベースのお肌でファンデーションに違いがあります。調べてみると日本人に多いのはイエローベースの肌の人が多いようです。ブルーベースとは肌が白いね〜と言われるような人。

ブルーベースの人はいつも顔色が悪いと言われるかもしれませんね。それとは逆にイエローベースとは大袈裟にいうと、肌が褐色ぽい人です。詳しく知りたい人は専門のカラーリストさんなどにお願いするといいかもしれません。

肌がブルーベースで色白だとピンク系など、暖色と言われるような色が似合います。暖色系の色をいれると肌がより白く透明感のあるような感じに見えたりします。なのでピンクが似合う人の特徴は「ブルーベースの肌の人」と言えるでしょう。

派手な服装

肌以外に似合う要素として服装はとてもファッション全体を際立たせる要素が強いです

地味な格好をしているのに髪の毛だけドきついピンクだとなんだか違和感しかないですよね。(笑)たまにジャージを着ているのに髪の毛がピンクな人も見かけたりしますが、全然おしゃれとは言えません(笑)

その辺のスーツをきたおじさまが髪の毛をピンクにしていると、志茂田景樹さんかな?(若い人は知らないかも)と思ってしまいそうです(笑)。

http://www.kando.tv/talent/talent/shimoda.phpより引用

もうなんというか、髪をピンクにした時服装に合いそうというより、もうすでにピンクにしていました(笑)ちなみにこの方は小説家で直木賞を受賞したすごい方なんです。子供達に読み聞かせの講演なども行っているようで、とてもファンタジーを感じる髪型とファッションですよね。

なんだか絵本から出てきた妖精が読み聞かせをしているようで子供達にも人気なのでしょうか。志茂田景樹さんが読み聞かせをすると子供たちもファンタジーを感じるのかもしれませんね!

話はそれましたが、志茂田さんくらい服装が派手だとピンク系の髪色にしても似合いそうですね。服と髪が合っていないとなんだかヤンチャしちゃった中学生みたいな印象になりそうです。

他にもピンク色の髪が似合う人の特徴を紹介していきましょう!

人とは違った発想をするような人

ピンクが似合う人というのはいろんな人がいると思いますが、僕の独断と偏見でみると発想から何か違うような感じもします。いきなり「今日はショッキングピンクのパンツをはこう!」という人だとピンク色の髪は似合うのかもしれません。

そう言った発想がとっぴな人はどういう人なのか?調べてみみるとこんな人が出てきました。山本寛斎さんです。

https://www.kansai-inc.co.jp/ky/profile/index.htmlより引用

スーツの色をみた瞬間に「あ、この人だったらピンク似合うな」と思いました。この方はファッションデザイナーで日本人で初めてイギリスでコレクションをした人物だそうです。ただのおしゃれなおじさまかと思いきや、日本を代表するファッションデザイナーだったのです。

作品はどんなものなのか?調べてみるとこんな作品を出していらっしゃいました。

https://www.tjapan.jp/fashion/17197109より引用

日本の江戸の浮世絵をモチーフにした奇抜なファッションですね!普通の人だとこんな色使いでこんな形のファッションは生み出せなさそうです。

しかも…ピンクが使われているじゃないですか!

トラウマになるくらい脳裏に焼き付きそうな印象ですね!(笑)小さい子供には泣かれるかもしれませんが、鬼とか獅子舞みたいなポジションを取れるのは間違いなし!街で会っても観光客に写真をお願いされそうです。

ピンク色が似合う人の特徴は僕の独断と偏見でどんな感じなのか紹介してみました。もしピンク系の髪色にしたい!という友人がいたらこの記事を見せると次の日から浮世絵Tシャツなど着てくるかもしれませんね。

そこまでしてくるなら友人を止めないで応援してあげましょう!友達の写真を撮ってTwitterに上げたらバズるかもしれませんね(笑)!

関連記事

ピンク色のヘアカラー色落ち期間は何日?色落ち後はどうなる?
ヘアカラーでピンク系の色を入れる時、どのくらいの期間、何日で色落ちするのか?色落ちした後の色について調べています。色落ちしたあとのピンク系の色はどうなるのか?気になりますよね。綺麗なピンク系の色は何日、期間はどのくらいについて調べています。

まとめ

今回は髪色をピンク色から茶色に戻す方法とピンク系の色が似合う人の特徴を紹介してみました。髪をピンクにして「やっちまった!色が派手すぎた!」という時はそのまま服装まで浮世絵シャツとか奇抜なファッションにしてみると似合うかもしれませんね。

まとめてみると

  • ピンクから茶色いピンクブラウンに戻す時は結構大変
  • 一度ピンクを抜いてから綺麗な色を入れると綺麗な茶色になる
  • ピンクが似合う人の特徴は3つ
    • 色白な人
    • 服装が派手な人
    • 人とは違った発送をする人

ピンク色にする時は色々な要素があるので思いつきで「ピンクにした〜い」なんて言ってはいけませんよ。服装や肌の色、そして発想はどうか?自分に問い正してみるといいかもしれませんね!

コメント

  1. […] 髪色をピンクから茶色に戻す方法!ピンクブラウンが似合う人の特徴3つ髪色をピンクから茶色に戻すときの方法はどうするのか?ピンクブラウンが似合う人の特徴を3つ紹介しています […]

タイトルとURLをコピーしました