男はパーマでハゲるのか?メンズのメリットデメリットとは?

髪の毛の知識

パーマをかけると髪がハゲるのか?男性にとっては永遠のテーマなのではないでしょうか。「最近後頭部が少し薄くなってきたなぁ‥」とか「生え際が‥」などと髪の薄さを気にする人は多いと思います。

昔は床屋さんで髪を切る男性も多かったと思いますが、カリスマ美容師ブームを機に美容室に足を運ぶメンズも多くなってきたようです。そして美容室といえばパーマですよね。男性の方も最近はパーマをかける事が多くなってきたのではないでしょうか。

でもパーマをかけるとサザエさんのような感じにならないのか?パーマでハゲるのは本当なのか?色々と噂されています。それにパーマをかけたときのメリットとデメリットについても調べてみました。

男はパーマでハゲるのか?

お客様から結構聞かれるのですが、パーマをかけた後に髪が薄くなったとか、ハゲたなんて事を言われることがります。パーマで髪がハゲるのなら今頃ファッション雑誌に載っているイケメンでパーマをかけたメンズ達は軒並みハゲている事でしょう。

それはそれで、面白いかもしれませんが(笑)実際にパーマ液で髪の毛がハゲるのかどうなのか?パーマ液ってなんだか臭いし、頭につけると髪が抜けてしまいそうな感じはします。ですが、パーマ液は脱毛させる作用はありません。

パーマ液を素手で使っていると手が荒れたりすることはあります。でも脱毛させることはできないです。

もしパーマをかけてから髪が抜けて円形脱毛症などになった場合は、皮膚科に行くべきですね。円形脱毛になるくらいパーマの後に抜けてしまうということは、アレルギー反応が出て抜けてしまうということなのではないでしょうか。

そこまで抜けるとかなり頭だけではなく、体全体に反応が出ると思います。そうなる人はパーマをかける前から頭皮が荒れていたりすると思います。それにアレルギーが出る人は薬液には弱いということ自分でもわかっていると思います。なのでパーマ液でハゲるというのは考えにくいでしょう。

ハゲの原因

ではパーマがハゲの原因ではないとすると、本当の原因はなんなのか、知っていますか?実は男性と女性によって髪が生えてくるハゲの原因は違ってきます。男性型のハゲの原因は男性ホルモンに関係があります。

加齢によって男性ホルモンが多くなり、5αリダクターゼという還元酵素が男性ホルモン(テストステロン)と結びつき、より強い活性型男性ホルモン(ジヒドテストステロン)が生成されます。それにより毛母細胞が活動を停止してしまう事が原因です。

ジヒドテストステロンは前頭部、頭頂部に集中して生成されます。なので男性はO型、M型、MO型というハゲ方になってしまいます。逆に女性の薄毛はどんな原因なのか、知っていますか?

女性は加齢により、女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。それにストレスや疲労、睡眠不足、過度なダイエットによってホルモンバランスが崩れます。そうする事によって女性ホルモンの作用である血管の拡張作用、皮膚の奥にあるコラーゲン、ヒアルロン酸が生成されなくなり、皮膚の機能が低下します。

そして新陳代謝が低下しリンパ機能も停滞してしまい全身の血流が悪くなります。そうすると髪の毛に栄養を送る事ができなくなり、髪が細くなり、薄毛につながってきます。

パーマは関係ない

先ほど紹介したようにパーマはハゲには関係ないとわかりましたね!ハゲを治すには飲み薬が出ています。飲み薬と塗り薬を一緒に使うと良さそうです。これは皮膚科に相談してみましょう。

パーマをかけたからハゲてしまった!と勘違いしている方はかなり多いので、パーマではなくホルモンの影響なんだと教えてあげてもいいかもしれませんね。

では一体なぜパーマをかけるのか?男性がパーマをかけるメリットと、デメリットはなんなのか?整理してみましょう。

パーマをかけるメリットデメリット

パーマをかけてもハゲることはないという事はわかりましたが、なぜパーマをかけるのか?サザエさんのようにパーマをかけるのはどういった理由なのか?知っていますか?女性がパーマをかける理由は色々とあります。

大まかな理由をまとめると

  • 髪にボリュームを出し、顔を小さく見せたい
  • 巻くのが面倒なのでパーマをかけたい
  • 形を変えたい
  • 気分を変えたい

このように髪の悩みを解決したいという欲求と、装飾を目的としてパーマをかける事が多いようです。パーマをかけると実はとても扱いやすいのですが、逆に傷んでしまうというデメリットもあります。メリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

パーマをかけた後はとてもお手入れが楽になります。毎朝髪の毛をスタイリングする時、パーマがかかっていると普段10分かかる髪の毛のセットが5分に短縮したりします。パーマをかけると形が整ってくれているので髪型を直す必要がなくなります。

それにパーマがかかっていないと、時間が経つにつれて髪型が崩れてしまいます。せっかくワックスやスプレーなどで髪型を固めてもスタイリング剤が湿気などで取れてしまいます。ですがパーマをかけていると髪型を維持する事が出来るのです。

ここでパーマをかけるメリットをまとめてみると

  • スタイリングが楽
  • 時間が経っても髪が崩れない
  • 髪型が綺麗に整っているのでスタイリング剤が少なくて済む

このようなメリットがありそうですね。自分も実際にかけていますが、朝のスタイリング時間は30秒ほどです。鏡を見なくても自分のヘアセットが出来てしまうので、とても楽ちん!しかも崩れないので一日中形を保ってくれています。

デメリット

逆にパーマをかけるデメリットはなにかというと、髪の毛が傷んでしまうことではないでしょうか。パーマをかけると髪の毛の中のタンパク質を傷めてしまいます。パーマ液は1液と2液があり、1液はキューティクルを開いて薬剤を髪の毛の中に入れます。そして2液でキューティクルを閉じて髪に形をつけます。

そうすると元々開いていなかったキューティクルを無理やり開いてまた閉じさせる事により、キューティクルが剥がれてしまったり、髪の毛の中のタンパク質が流れ出てしまったりします。

そして徐々に髪の手触りが悪くなり、引っかかりや枝毛などの症状が出てくるのです。でも今はパーマ液も進化していて、傷みにくいパーマ液や手触りの良いパーマ液もあります。なので過剰に髪の傷みを心配しなくても良いと思います。

デメリットをまとめてみると

  • 髪が傷む
  • 似合わない形になってしまう恐れがある
  • かかりすぎてしまうなどのリスクがある

このようにパーマをかけるとデメリットやリスクを感じてしまいそうです。下手にパーマをかけすぎると顔が大きく見えてしまったり、変な形になってしまう事もあるのでパーマをかけるときはパーマが得意な美容師を探すと良さそうです。

メンズの方でもスタイリングがとても楽になるので、パーマはおすすめです。

まとめ

今回はパーマをかけると男の人はハゲるのか?とパーマをかけたときのメリットデメリットを紹介してみました。パーマ液で男の人はハゲませんし、心配する必要もなさそうです。パーマをかけるとスタイリングが楽になり、毎朝の手間を考えるとメリットの方が強いと思います。

いつもスタイリングする時に上手くいかないと悩んでいる人は、一度かけてみるといいかもしれません。

パーマは顔の造形が変わるのでとても勇気がいると思います。ですがイメージチェンジするときもパーマをかけた方がイメージは劇的に変わります。気分転換にもいいかもしれませんね。

パーマで男はハゲるのか?メリットデメリットなどをまとめてみると

  • パーマで男はハゲない
  • ハゲの原因は男女で違う
  • 1番の原因はホルモンバランスが崩れる事
  • パーマをかけるメリットは
    • スタイリングが楽
    • 時間が経っても崩れない
    • スタイリング剤が少なくて済む
  • パーマをかけるデメリットは
    • 髪が傷む
    • 似合わない形になってしまうこともある
    • かかりすぎてしまったりなどのリスクがある

意外にもハゲの原因はパーマではなく、ホルモンバランスだという事が判明しましたね。髪を綺麗にするためには睡眠、食事、運動など、健康的な生活をする事が1番いいかもしれません。

最近髪が薄くなってきたなという人も治せる時代がきています。パーマではハゲないのでメンズはどんどんかけてみるといいのかもしれませんね!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました