日焼けで髪色は変わる?ヘアカラーの色落ち理由と予防方法とは?

ヘアカラーの知識

夏が近づいてきて日差しが強くなり、アウトドアや外にでて遊ぶ機会がふえる季節だと思いますが、紫外線で日焼けも気になりますよね。それに紫外線対策を何もせずに外に出ると髪色が茶色く変わる事や、色落ちして髪がパサパサになったりすることがあります。

これは髪が紫外線によってダメージを受けたことにより、ヘアカラーの色が褪せてしまったことが原因です。

「髪をパサパサにしたくない」「夏でも髪の色を保ちたい」という人はいると思うので、日焼けでなぜ髪色は変わるのか、ということや色落ちの仕組み、それに予防方法を紹介していきたいと思います。

髪色はなぜ色落ちするのか?

夏じゃなく春先でも紫外線はたくさん大地に降り注いでいますので、その影響は肌だけではなく髪も同時に受けていると思います。肌は紫外線をうけるとメラニン色素を作り、紫外線で肌が炎症を起こさないように守ります。

それに対して髪は死んでいる細胞と呼ばれていて、自分で自分を守る事ができません。なので肌のようにメラニン色素を生成することはできないんです。ですが、髪には元々メラニン色素が入っているんですね。それが紫外線から私たちの頭皮などをまもってくれているんです。

ですがこのメラニンが紫外線によって破壊されるので髪色が変わるんです。

それにメラニンだけではなく、紫外線によりキューティクルも開いて、髪の中にあるタンパク質も外に出てしまうんです。キューティクルが開くとパサつきにつながり、引っかかりの原因になったりします。

他にも色落ちの仕組みや対策方法も紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事

ピンク色のヘアカラー色落ち期間は何日?色落ち後はどうなる?
ヘアカラーでピンク系の色を入れる時、どのくらいの期間、何日で色落ちするのか?色落ちした後の色について調べています。色落ちしたあとのピンク系の色はどうなるのか?気になりますよね。綺麗なピンク系の色は何日、期間はどのくらいについて調べています。
黒に近い茶色の髪色とは?暗くしたいけど色落ちで色抜けを防ぐ方法3つ
黒に近い茶色に暗くしたいと思った時、色落ちを防ぐ方法はなんなのか?黒に近い茶色とは何?色落ちを防ぐ方法はどうやるのか?美容室で髪を黒染めにしたいけどあんまり黒くなりすぎたくない。その後の色抜けを防ぐ方法を3つほど紹介しています。

髪を守っているのはメラニン

お肌にとってメラニンは大敵だとされていて、最近だと飲む日焼け止めなども販売されています。 これが良いかどうかは別として、メラニンが生成されないと肌は有害な紫外線をそのまま肌に通してしまいます。

結果、数年後にどんな病気になるのかはわかりませんが、肌の奥底がダメージを受けると、その周辺の細胞が作り出す遺伝子は何かしらの病気などを発症するのではないでしょうか。数年後のことを考えると僕は使いたくないと思います。皮膚癌などになっても嫌ですし‥。

肌の話はそれくらいにしておいて、髪はもともとメラニンがあるので紫外線からダメージを受けにくくなっています。でも紫外線にさらされるとパサついてしまいます。メラニンがあっても髪は相当なダメージを受けてしまいますので、髪も何か紫外線から守ってあげたいですね。

海やプールなどでもダメージは受ける

髪は紫外線だけではなく、海やプールでもダメージを受けてしまいます。海で遊んでいて口に水が入るとかなり塩辛いですよね。知っていると思いますが、海水には塩分が含まれていて、弱アルカリ性になっています。

アルカリ性ということは髪のキューティクルを開いてしまいます。キューティクルが開くと髪の内部のタンパク質が出てしまいます。

プールも同じで、細菌などを殺すために次亜塩素酸が使われています。そうなるとプールも弱アルカリ性になっているんですね。これは海よりもアルカリ濃度が高い時もありプールによって違います。

どちらにしても外に遊びに行って水遊びをすると髪が海水やプールの水に触れて傷んでしまうということが起こってしまいます。それにプラスして紫外線が髪にあたり傷むわけですから、相当なダメージを受けてしまいます。

海水やプールの水でダメージをうけたところにトドメに紫外線がくるという見えないダブルパンチが飛んできているのです。

髪が紫外線でダメージしてしまうから髪色が変わり、それに手触りが悪くなるのですが、それを防いでくれる商品なども紹介していきます。

紫外線の対策方法

みなさんは肌につける紫外線対策オイルなど使われていると思いますが、髪の日焼け対策に紫外線防止のヘアケアは髪にもつけていますか?

髪がバサバサで髪色が変わるとどんな美人でもせっかくの綺麗な顔が台無しです!肌にもやるなら髪にもしっかりと紫外線対策対策をしてあげましょう。

次に髪の対策としてオススメの商品も紹介していきたいと思います。これは髪の毛に何をつけようか迷った時に役立つ情報です。何をつけて良いのかわからない、でもなにかつけないと髪がパサパサになってしまうというときに覚えておくと役立ちます。

シリコンの入ったオイルを使う

実は髪に悪さをすると思われているシリコンですが、髪について紫外線を吸収してくれる作用があります。最近はシリコンの入っていないシャンプーやトリートメント、ヘアケア剤などが販売されていますが、入っていた方がサラサラになります。

実はシリコンは髪についてくれるとツヤを出したり手触りも良くしてくれて、髪色も長持ちしてくれるんです。トリートメントなどのオイルを髪につけると髪がよくなるので最近は市販のトリートメントにたくさん配合されていたのですが、今はシリコンが入っているとそれが悪さをするという情報もあるようです。

ですがシリコンは人体への安全性から人工血管にまで使われているんですね。医療用のものでもたくさん人体に使われており、安全に使われているので過度に心配しすぎることはないと思います。

でもなぜシリコンが悪者になっているのかというと、粗悪なシリコンもあるからなんですね。安いシャンプーなどはこの粗悪なシリコンが使われているようです。

美容室で取り扱っているシャンプーなどは粗悪なシリコンなどは使われていないと言っていいと思います。使っていると美容師の手が荒れて仕事ができなくなってきてしまいます。

シリコンの効果は

  • 手触りをよくする
  • ツヤを出す
  • 指通りをよくする
  • 軽さを出す
  • 柔軟性を出す
  • 紫外線を吸収してくれる
  • 色落ちを防いでくれる

このように髪を良い状態にしてくれるのがシリコンの役目です。いつのまにかどこかの企業の企みによって悪モノにされてしまったシリコンさん。全然悪くはないので使ってあげましょう!

商品にジメチコン、シクロメチコン、シロキなどが表記されているとシリコンが入っている証拠ですので、髪用の紫外線ケア用品がない時はこの成分が入っているものをつかってみましょう。

紫外線対策商品

それでは紫外線対策に効果のある商品は一体どんなものがあるのでしょうか。紫外線をふせいでくれる指数としてSPFという指数がありますが、これは「SPF50+++」などと表記され、数字が大きくなっていくほど紫外線を防御する効果があり、+の表記も増えるほど効果があるということです。

紫外線から髪を守ってくれる効果のあるものはたくさんあるのですが、ポイントとしてスプレータイプのモノをオススメします。スプレータイプだと髪にべとつかず、さらっとついてくれるからです。

なので選ぶ時はスプレータイプのものを選びましょう。そこで僕が独断と偏見でみた時に良さそうなものを紹介しておきます。

こちらはアネッサの紫外線防止スプレーです。スプレータイプになっているので髪につけやすい、それに市販されているので手に入りやすいです。アマゾンでも販売されていますので、即ポチっとしてしまってもよいでしょう。

こちらはミルボンのオージュアというシステムトリートメントから販売されているもので、夏のケアに特化しています。これも髪につけやすいスプレータイプで、小さいので携帯にも便利。

いつも持ち歩くなどして、ゴルフやアウトドアなどのお供にどうでしょうか。紫外線を防いでくれるものとしては少し高目ですが、日本を代表するヘアケア商品のトップブランドからでているものですので安心して使えますね。

「紫外線対策でなにを使ったら良いのかわからない」という方は一度使ってみると良いよ思います。

関連記事

パサパサで広がる髪の毛を劇的に改善するすシャンプーとトリートメントの使い方とは
パサパサで広がる髪の毛をお金をかけずに劇的に改善する方法を紹介しています。今までのシャンプーとトリートメントの使い方を見直してあなたも今日からサラサラヘアーに返信です!

まとめ

今回は日焼けで髪色はどうして変わるのか?色落ちはどのくらいなのかについて紹介しました。紫外線は見えないので油断しがちですが、強い日差しの中で髪を放置しておくととても傷みます。

髪は卵と同じタンパク質なので、熱でも硬くなります。それに紫外線で色落ちもして、キューティクルが開くので中身のタンパク質も出て行ってしまう。

髪が紫外線を浴びて良いことはありませんのでしっかりケアしてツヤのある髪を維持していきましょう。

今回の記事をまとめてみると

  • 髪は紫外線を受けるとメラニンが破壊されて色が変わってしまう
  • 紫外線やプールの水、海水でキューティクルが開きタンパク質がでてしまう
  • 髪の中身が出てしまうことによって手触りや感触が悪くなってしまう
  • 紫外線を防ぐにはシリコンの使われているオイルなどを使うと効果的
  • 中でもスプレータイプがムラなくついて便利

初夏から夏にかけては紫外線が一番多い時期です。しっかりと対策をして髪のダメージを最小限にし、ツヤのある健康的な髪を維持していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました